FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫


浜日傘 ゆらゆら
すらりと伸びた 長い脚
蒼い夏が 駆けてゆく
僕は昼寝を口実に
泳げないのを幸いに
女の子って やっぱりいいな


裸の子 じゃぶじゃぶ
おちんちんさえ 可愛くて
蒼い夏が はしゃいでる
君は夏みかん剥きながら
早く子供が 欲しいなぁ
わざと言って 溜息ひとつ


盂蘭盆会(うらぼんえ)ちらちら
燈籠流し水明かり
蒼い夏に 祈りあり
いつか亡びる この海が
肌をじりじり焦がすので
今夜きっと 寝つかれぬでしょ


老夫婦 はらはら
過ごした日々が 朽ちてゆく
蒼い夏に 淋しさあり
僕は平凡な愛妻家
もう何も考えまい
愛することの 煩わしささえ







スポンサーサイト





この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!