FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

今日10月1日、中華人民共和国は建国60周年を迎えた。

人間で言えば還暦だ。

しかしながら現在の中国は経済成長の真っ只中にあり、育ち盛りを迎えている。

世界的な「リーマン・ショック」の中でも、指導者の一存で4兆元(約54兆円)の財政支援を一挙に決定した。

まさに、米国式「金融資本主義」に代わり、中国式「国家資本主義」が優位性を発揮している。

まもなくGDPでも日本を抜いて世界2位になる。


反面、社会問題も山積みで、チベット・ウイグル問題、台湾問題、地方と都市部の格差拡大、

等々。

もう一つ、共産党一党独裁の政治が引き起こしている「腐敗」も忘れてはならない。

本来、中国共産党は労働者の、農民を代表する党だが、今では民間企業家、外資系企業役員、超富裕層の人間が党員として名を連ねている。

しかもこうした既得権益層には相続税もないのだ。(こうした層へは課税も甘い)

まるでどこかの国の「官僚」のようだ。

一昔前の日本で言われていた、まさに「政治改革」が必要であるが、難しいだろう。

様々な意味はあるが、中国は注目の大国だ。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!