FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

①
1983年のダイアリー、亡き父の、正に亡くなった年の手帳が出てきた。

遺品である。

26年前の手帳の中には、当時のスケジュールや友人知人の連絡先がびっしりと書いてあった。

携帯電話のない時代を感じる。

そこに携帯電話の番号はなく、会社と自宅の番号が書かれてあった。
②
それにしてもこの人、忙しい人である。

既にこの頃(1983年1月~3月)、体調は良くなかったと記憶している。

その後(4月23日に入院、6月10日逝去である)のことを考えると、無理をしすぎだ。

好きなゴルフが講じて、ゴルフ場の研修委員、仕事の業界のトップ、寺院関係者との交友、

地元の中学のPTA会長(当時、末弟が中学生)、市会議員候補の後援会長、ロータリークラブ、

ちなみに○印は休日ではなく、毎週火曜日のロータリーだ。

その他諸々(好きな麻雀を含む)。

49歳という若さで逝くには、このくらい無茶しないと。

太く短く生きた証か。

人の生とは、人夫々、人様々、これはこれでいいのかもしれない。

26年という歳月が、そんな感想を持たせる。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!