FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

非常に照れ臭いが、私には「兄貴」と慕ってくれている弟のような友人が多くいる。
昨日は、その中の一人(最もそう呼んでくれて長い)の社長と、その会社の専務で、私たち夫婦が仲人をさせていただいた男(こちらも弟のような存在)との3人で酒を飲んだ。
そして散々ご馳走になった。
元々は相談事を持ちかけて、私の意見を聞きたかったのだと思う。
しかしながら彼らは、私がどういう考えをするか知っている。
結局は自分たちの考えを確認してもらいたかったのだと思う。
それでいいのです。

他の連中にも、時々こんなケースで相談される。
嬉しいことです。
こんな不甲斐ない「兄貴」でも、頼りにされると気合が入る。
そして決まって、翌日からのモチベーションが上がる。単純ですね。
器用なことも、素晴らしい発言も、これといった秘策も、心に染入る様な言葉も....
何もありませんが、一生懸命聞くことだけは出来ます。

でも最近は彼らに(兄貴と慕ってくれている弟たちに)教えられることが多い。
感謝しています、ありがとう!
☆しかし本当に照れ臭い。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!