FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

崇拝している拓郎の歌に同タイトルがある。
でも時々語ります。

生きていくことは、「苦しい」「辛い」「情けない」・・・「しまった!」「とちった!」「やっちまった!」・・・の連続ではないでしょうか。
時にある「嬉しい」「楽しい」「優しい」「暖かい」・・・「良し!」「うまくいった!」「完璧!」・・・がホントに心にしみるのです。

46歳の自分は、70歳まで働くとしてもあと24年間です。(そんなに働くかな?)
「苦しい」「辛い」「情けない」は、あと10年くらいにしたいものです。(短ければ短いほどいいな)

そう言っても、また明日から、「しまった!」「とちった!」「やっちまった!」・・・なんですかね?
小さな失敗はいいけど、大きな失敗は身体に良くないので気をつけます。

人の一生なんて、あっという間に終わってしまうのに。
腹を立てたり、誰かを傷つけたり、威張ったり、そんなこと意味ないのに。

嫌われる人と好かれる人、そんなに差は無かったり。



社員を怒ったって仕方が無い。
自分の責任は大きいのだ。
社長ってそういう立場です。
給料が一番高い理由も、一つはそこにある。(殆どそれだ)


成りたくてなったかどうかは別にしても、自らの決意で会社を興し、社長になった。
だから愚痴などで逃げても仕方が無いし、逃げる気も無い。
雇用している社員も多くなってきたし、その生活もある。

昔のようにもっと貪欲に生きよう!(今も貪欲のつもりだが)







スポンサーサイト





【!!!】
「とちった!」





流行る予感がします。。。。



Mレボ楽しみです!
【】
お気持ち、察します。私の大好きな長渕剛の「STAY DREAM」という曲の一節です。
♪尽きせぬ自由はがんじがらめの不自由さの中にある
私もたまにこの一節を思い出し、頑張っています。
【】
花屋です☆さん、お世話になります。
「とちった!」は、特に流行らないと思います。
同じく、Mレボ楽しみです。
【】
自分が源泉さん、もうひとつ拓郎の歌の好きなフレーズがあります。
「まにあうかもしれない」という曲の一節。
♪今の自分を捨てるのは今なんだ♪
若くてどうしようもない頃、よく自分に言い聞かせました。
【】
あ~っ、もしかして水さんにしては最近珍しく悩んでます?

私が言うのはかなり説得力に欠けますが、きっとすぐ先には明るい展開が…
【】
本日は幹事会お疲れ様でした。

社長業をしていると、
辛い事や苦しい事も多いですよね。
水口さんの領域なら、
なおさらそのハードルも高い事と思います。

そういった状況に遭遇すると、
尊敬している某経営塾の塾長の台詞がいつも頭に浮かびます。
「その人が乗り越えられない困難や苦難は降りかかって来ない。
今降りかかっている困難や苦難は、その人の成長に不可欠だからこそ
降りかかっているのである。」と・・・。

私の場合はまだまだハードルが低いので、
困難や苦難のレベル(壁の高さ)は低いですが、
その分回数は多いのかなあと思っています。
経営者としてのレベルが高まれば高まるほど、
回数は減っていくかも知れませんが、ハードルはどんどん高くなって行くのかも知れません。
でも、それが成長への次なる一歩なのだと思います。

そのように自分は言い聞かせて頑張るようにしています。
【】
楽しいMレボ兼恐いTレボメンバーさん、悩むということは、その先に「成長」があるということ。
本当のリーダーになるための経験です。
【】
hiroさん、同感です。
某経営塾長のお言葉と似たような言葉が、若い頃に読んだ経営者の本にありました。ずっとそう思い続けています。
考えてみると私の経験してきた壁は、全て自分で作ってきたか、或いはその環境を作ってきたかです。
つまり自分で「壁」に向かって走る又は歩いているのです。
だから次々と壁はやってきます(笑)

小さな壁が数多く、大きな壁が数少なく。
私の場合は3年連続くらいで大きな壁がやってきたりしてます(笑)

私は変則的な経営者です。
後継者として生まれて、創業者にもなった。
どちらの気持ちもわかります。
「後継者の大変さ」も。
昨日のOK社長の話もそうでした。

良きコメントをありがとう!
この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!