FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

会社の近所(比較的)に面白い居酒屋がある。
開店は夜9時、閉店は朝4時。
昔は開店が午後10時だった。
何故、そんなに開店時間が遅いのか?
そこのマスターは無類の麻雀好きで、毎日夕方から雀荘に出かけて、早くても午後9時、遅いと0時近くまで帰ってこないためである。
勿論、今でも開店に間に合わなければ、その間、他の店員が仕切っている。
確か木曜が休みなのも、マスターが入っているゴルフの会のコンペがあるとのこと。
全てが自分の遊びの都合で決まっている、素晴らしい。
特に何がいいということもないが、マスターはその昔、料理人を目指していたくらいなので、ちょっとした御つまみを作る。
特に特筆すべきものではないが。

先日、久しぶりに、会社の近所の町内会関係者との飲み会の二次会で行った。
懐かしい臭いがした。
そのマスターとは、もう25年以上の付き合いになる。
歳は私より10歳上だったと思うが。
昔はその店にも、草野球チームがあり、私も20歳~25歳ぐらいまで所属していた。
マスターは高校球児で、プロテストを受けるぐらいの人だったので、
他のメンバーも殆どが高校球児だった。
その辺のチームには負けた記憶がない。
私は高校球児ではなかったので、レギュラーを取る事さえ大変だったが、ライトで7番を打つようにはなった。
一時はマスターの特訓を経て、控え投手にまで上ったが、先発デビューの試合で、1回打者6人四死球5、1安打、失点3、1打者も打ち取れずKOという散々な醜態をさらした。

懐かしい思い出がたくさん詰まった洋風居酒屋「D」だ。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!