FC2ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2019 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュースでは毎日、ミャンマーの最大都市(今はもう首都ではない)ヤンゴンでのデモ隊と軍の衝突を報道している。
ミャンマーという国がここまでの「軍独裁政権」だとは思わなかった。
同じアジアの国なのにまだまだわからない事が多い。
実は日本の「ミャンマー大使館」、我が家のマンションから歩いて直ぐのところにある。
ここ数日間は、在日のミャンマーの人たちが抗議活動を続けている。
私たち日本人は、同じアジアの国の現状をもっと理解して、真剣に考えることをしなくていいのかと感じてしまう。(そういう自分もだ)

戦後60年余り、民主主義の恩恵にどっぷり浸かった私たちは、ある意味では恵まれた環境のお陰から、確立された教育制度の下で広い範囲のことを学習し、恥部を含みながらも、ある一定の労働基準の中で労働をし、その見返りとしての賃金を受け取り、生活をしている。

しかしながら、世界には依然として、その普通のことが普通になされていない国々の存在が複数ある。
今回のこの事件を機に、改めてしっかりと向き合うことがあると強く感じた。
「グローバルサポート」、私たちの新規事業はまさにそういう外国との問題も大きく関わってくるものなのだ。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















712人を数え、国内最大都市である。1989年にラングーンから改称された。名前は「戦いの終わり」を意味する。エーヤワディー川の三角州|デルタ地帯に位置している。6世紀ごろにすでに定住者がいたと推測され ...

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。