FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 / 11 ≫

昨日の話です。
大企業の社員の身である人が同友会に入りたいと思っている。
支部長が会い、話をして聞いて、幹事会で公にして、承認されて、理事会に推薦した。
近い将来起業を目指しているという。
起業する前に少しでも経営の勉強をしたいという。
人脈があるので、その後の増強に繋がるかもしれない。

同友会は会員を増やしたいと、毎年思っている。
個人的には何で快く入れてあげないのかな?

特にその方の職業は「営業営業」しているからだめだという。
たとえ営業を受けたとしても、必要なければ買わなければ良いのでは?
「営業」ってそんなに悪いことですか?
もしそんな理由で同友会に入会したとしても、思うように売れず、諦めて退会します(それだけの人は)。でもその間の会費はいただけます。
しかし、気づいて学ぼうと変わる人も居たりして。

規約があるからダメだって。
でもこのままだと恐ろしく視野の狭い会になります。
誰でも入れて、営業されても買わなくて売れなくて、気づいた人だけ残ります。そういう会ではダメでしょうか?
でも増強増強ですって。


時に「数」は、より良い「質」も作り出すのでは。


スポンサーサイト





【】
当事者の方のコメント「経営者でない人から学ぶものは何もない」という点が悲しいですね。学びは一般社員であろうが、子供だろうが、犬だろうが、虫だろうが、花だろうが、学ぶ側のあり方でいくらでも学べると思っています。「共育」のスタンスが欠如していると感じています。
【】
おっしゃる通り。
この記事へコメントする















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!