FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 / 11 ≫

スペインで楽しみにしていたことの一つ、本場のパエジャを食すこと。


がしかし、バルセロナのそれは余りに期待はずれだった。


本場はバレンシア地方らしく、まぁたまたま美味しい店に当たらなかっただけかも。


というわけで、ようやく帰国後初めて食す機会が。


過去の経験から、美味しい店は2軒。


エル・ペスカドール
その一つ、自由が丘の「エル ペスカドール」へ。


2度目となる訪問。


アスパラガスサラダと
タパス(小皿料理)を2品頼んで、いざパエジャ。

パエジャ
魚介のパエジャ。

カニ、エビ、ムール貝、あさり・・・

絶妙のサフランライスの焦げが香ばしい。

バルサで食ったチキンライスみたいな、ただしょっぱいだけの焼飯をようやく払拭できました。


次回はお薦めのもう1軒、五反田のお店をリポートしますのでお楽しみに!





スポンサーサイト



晋山式
台風までお祝いに駆けつけなくてもいいのに。

弊社と同町内にあるお寺に新しいご住職が誕生いたしました。(真言宗智山派)


3月にすでにその職に就かれておりましたが、今日はご本尊にご報告をしました。


「晋山式」というお祝い事です。


新田義貞公由来の名刹です。


若きご住職は、私の中学の一年後輩に、専務の一年先輩に当たります。


阿弥陀如来
立派なご報告を受けた、ご本尊の阿弥陀如来様もさぞかしご満悦でしょう!


「地域社会」と一緒に歩んでいきたいと仰っておりました、素晴らしいご法話です。


弊社も微力ながらお手伝いさせていただきます。


10月の終わりにきて、台風が近づいている。


珍しいことだ。


台風が近づくと、気圧の変化で体調が思わしくない場合がある。


特に気管支が弱く、喘息などを持っている方に多いようだ。


私などもその気配が起こるときがある。


精神的に病んでいる方も、こういう時は宜しくない。


「認知症対応の介護施設」にも、そういった方々は多い。



神戸でまた残忍な事件が起きた、病んでいるのか?









第一旭 たかはし
なんと、京都駅から徒歩5分。

早朝5時半営業開始です。

ラーメン
本ブログ、2度目の登場。

「ラーメン、脂少なめ、麺堅め、ネギ多目」 もちろん九条ネギ。

東京人が好きな味か!

かぐら3
京都へ出張、今回ご紹介いただいて訪れたお店。

そこは近鉄「上鳥羽駅」そば、久世橋通り沿い、「かぐら」。

かぐら店内
かぐら1
かぐら2
かぐら3
ありとあらゆる和牛の部首をいただけます。

アスパラ、かぶら、シイタケなど野菜が肉と交互に出てきます。

高級な和牛料理を腹いっぱい食べて、だし汁のラーメンと2種類のデザートのコースで6000円、

相当リーズナブルでびっくり。

スタッフ教育が素晴らしく、良い気持ちで最後まで。

どうやったら、あの教育できるのか?


昨晩はボンズシステム田中高彦君とサシ飲みでした。

弊社ホームページ改良(新築)を依頼、社員との討議を重ねていただき、

昨日、晴れて契約へ。


その後時間をとっていただき(以前から日程調整あり)、

いつもの焼き鳥屋からのコースへ。

色んな語らいをして23時過ぎに解散でした。

彼は常識的なベースのもと、独自の物の見方があり、大変興味ある男です。

「九州男児」も見え隠れしてます。

高彦君、お疲れ様でした。→最近朝が異常に早いらしく、眠たそうでした。





久しぶりに銀座ランチ。


松屋の第一駐車場と第二駐車場の間のビルの二階(わからない人には全くわかりません)。


イケメンシェフが一人でやってる小さな店。



パスタ
豚肉
まずはパスタ、蛸とムール貝を上手に使っているオイルソース。

量は少なめだが、このイケメンなかなかやる。

続いて何ともボリュームある国産豚のグリル、軽く焼いてそのあと蒸してる。

これは旨い。量は多め。

デザートも前菜も手を抜いてない、ここはいける!


*白い皿が反射して、写メがぼける。

最近、昼時会社にいる時、よく買う弁当屋がある。



実は今日も既に食した。



ほか弁にはない、もちろんコンビニにもない、家庭手作り感がある。



売っているのはご近所主婦のパートさん・・・



以前紹介した品川自宅近くの弁当屋とは、また少し違う。



しばらくベールに包むとしよう!ちなみに今日は「スペシャル弁当」。



寺院1
本日訪問させていただいた寺院です。


横浜市鶴見区生麦にある、小さいが風情のある門構え。


目に入り、思わず写メに撮りました。

寺院2

寺院名も品が溢れていますね。


何故かこの寺、好きになりました。





色んな場面で感じる。


時に良い方の側へ、時に良くない方の側へ。


不公平に思う時と、思われる時と。


でも時が過ぎてしまうと忘れてしまうことばかり・・・いいかぁ。


でも・・・そんなふうにどっちでもいいみたいな態度ばかりとる人が増えすぎたら・・・


誰も何も戦わなくなってしまって、それもどうかな?


口に出して「不公平」と言うべき場合もある。




生きたくても生きれない人がいる。



これこそ不平等だ。



きっと思うだろう、神は不公平だと、仏は慈悲がないと。



僕は最近よく思う、長く生きたいと。元気で生きたいと。



生まれた時から思えばいいのにと思う。



生きたいと願い、切なく死んでいった人の分まで、長く生きたい。



歳をとっていけば、今より大変だと感じることもあるかもしれない。



でも生きて、今まで出来なかったこと、世のため人のために尽くすということ、



それを生きがいにしたい。こんな世の中だから。



中国の学生デモの映像を見ていると悲しくなる。何のためにも誰のためにもならない。



意味がない。



生きていればこういう思いもする、でもそれが生きるということ。





































午前中は仕事関係の人に会い、遅いランチへ。

以前にも紹介しましたが、ここは麻布十番で夜はちょっとした割烹料理の店。

昼は1200円均一での定食→休日料金

たき下看板
麻布十番「たき下」。

たき下
小上がりのテーブルが3席、普通の4人がけと2人がけのテーブル席が1席ずつ、あとはカウンターが8人。

これが正午前には満席で待ちが出ます。(開店は11時30分)

1
2
3
注文したのは「秋鯖塩焼き定食」。

上の小鉢3点と大根おろし&鰹節&ご飯がお代わり自由でもれなく付いてます。

秋の旬の魚(他にも秋刀魚など)と新米を目当てに、今日も満席行列でした。

山昌
場所は関内馬車道、「川昌」。仲間に紹介してもらった鰻の店です。

店の前の燈籠、風情あります。

山昌入り口
店の入り口はこんな感じ、入ったの18時過ぎ、柱時計止まったまま。

風情があります。

鰻刺身
そして初めて食しました。

鰻の刺身、こりこりして美味しい。

他にも、肝焼きやニンニクの芽と炒めた物など。

次は鰻の柳川なんかもいただきたい。

客もうるさい人は一人もおらず、静かに時が流れます。

男サシ飲みには最高でした。



昨日は同友会の、16:00~支部長会議 17:00~理事会。


内容はまあまあ。


参加してんだから文句言っても仕方がないし。


相変わらず、しゃべりすぎマンは治らないし、好きなんだねぇ。(笑)


大事なことは放っとかれてる気がするな。



てな訳で最後は、N田君から相談を持ちかけられ(同友会のことなどなど)、


彼とサシ飲み状態・・・結構面白かった。


男のサシ飲みは、サッパリがいい。















フライトの際、よく映画を観るのですが(最近それ以外の場所で観てない)、

今回も行き帰りと計6本観ました。

行き:セックス&ザ・シティ、釣りバカ日誌、告白

帰り:ナイト&デイ、ハーモニー、エデンの東

新作から昔の作品までジャンルを問わず。(結構な新作を先駆けて上映します)


韓国映画「ハーモニー」⇒これ泣けます。絶対感動です。

先日、本ブログでご紹介した本「永遠の0(ゼロ)」、これも泣けます。

今日は出社しましたが・・・時差ぼけがきつくて仕事になりませんね。


車の運転もままならない感じです。


日中激しい睡魔に襲われ、遂には居眠りをこいてしまう始末。


やっぱ歳っすかねぇ~。
   
    ↓

先輩方に怒られますね。



逆に向こうにいる間は早寝早起きの毎日でした、22時半就寝で6時起床みたいな。













日本帰国後、最初の日本食は鮨!

家族で行った近所鮨、西五反田「阿部」。

鮨2
鮨1
中トロ、鯵、秋刀魚、スミイカ・・・私の一押しは上の写真の「生ダコと小柱」です。

ビール、熱燗、水割りで時差ボケほろ酔い&爆睡でした。

バルセロナの夜
バルセロナの夕陽。

旧市街1
旧市街2
バルセロナとトレドの旧市街。

ヨーロッパっていう感じですよね、でもスペインはまた独特です。

イベリコ豚

このイベリコ豚ヒレのグリルは美味しかったなぁ。


昨日帰国しました。

今回の目的は、例年参加している
「世界宗教平和の祈り」です。

イベント1
世界の様々な宗教者と、平和を祈る大勢の一般人が参加します。

これは最後のファイナルセレモニーの模様です。

最後は前後左右に座る世界の見知らぬ人たちとハグをして再会を祈るのです。

来年は場所をドイツのミュンヘンに変えて、9月に開催です。







今日はバルセロナからマドリードへ移動中です。

速度は東海道新幹線並に出ます。街中は地下、地上へ出たと思ったら田園風景、ヨーロッパはどこも景色が似ています。



ヨーロッパの旧市街はどこも個性的だが、スペインも独特だった。
ここバルセロナのカタロニア州も昔は国だった。
バスク地方の人達等も国を主張する。

昔から市民戦争が絶えなかった。第一次も第二次も世界大戦には参加していない。良くも悪くも一つにまとまらない。
ワールドカップで優勝したが、それまで何度も候補と言われてきた。
国民性だ。



世界の宗教家が、一同に会してバルセロナ音楽堂(普段は撮影禁止)でオープニングセレモニーが開催されました。
キプロス大統領、モンテネグロ大統領、バルセロナ市長、ルクセンブルクの伯爵夫人が来賓席を埋め、祝辞を述べました。

3時間半は少しばかりお尻が痛かった。



日本で旨いパエリアを食べているからか、
最初のパエリアは…?かな?。
その前に飲んだムール貝のスープがヒットでした。



バルセロナオリンピックスタジアム。
意外と小さく、現在は二万五千人と収容が縮小している。



ガウディとその弟子達が創り出す歴史劇場。



早くも10月です。

『こころのこよみ』今月の言葉より。

人の悪口は口より出さず、不真面目な議論は耳に留めない。

清々しい気持ちで明日から出張です。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!