FC2ブログ
2010 / 08
≪ 2010 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2010 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なめらか
出張帰りの品川駅ウィング「パステル」でチョイス。

疲れた時は甘いものでもと思い、

「なめらかプリン~極~」(きわみ) 525円

普通のなめらかプリンに比べて、量は半分値段は倍。

これマジまいう~!

スポンサーサイト

動けない花になるな、転がる石になれ!

昨夜は「共育講演会」でした。場所は横浜開港記念会館です。

講演者は、(株)マザーハウスの山口絵里子社長です。若干29歳です。

エリートへの道をまっしぐらに歩んでいた彼女、

アメリカ、ワシントンDC国際機関のインターンとして途上国援助基金の実態を知り、

単身バングラデッシュへ、観光ビザを教育ビザに変えるため、現地の大学院へ進む。

一人で生活し、貧困の国で自分が何を出来るかを模索して・・・挫折の繰り返し。

しかしどうしてもの思いが強く、一人で考え抜く。

「途上国から世界へブランド発信」、現地の素材を利用し、現地で人を雇用し、教育し、

企業としてのプライオリティを高め、現地でだけでなく、世界の何処に出してもおかしくない会社を創っている。

夢を持ち続け、理念を基にそれを実践し現実化している。

まさに、我々が浸透に苦しんでいる「経営指針」を実践し、社内浸透しているのだ。

マザーハウス1
マザーハウス2

マザーハウスは製造から販売まで一貫して行なっている、所謂製造業なのだ。

勿論、人間性や社会性だけでなく、素晴らしい経営戦略によって科学化されている経営だ。

真似の出来ることではないけれど、彼女は尊敬に値します。

歴史上、素晴らしく輝ける一人ではないかと感じました。

彼女の途上国発信は、バングラデッシュに留まらず、現在はネパールで始め、

将来はアフリカへと。

日本での販売店舗も着実に増やしていて、いよいよ明後日、銀座にオープンするということだ。

近年出会った人の中では、飛びぬけて素晴らしいと思います。








数々のスポーツ選手がそうであろう。

その中の一人と言えば、「宮里 藍」だ。

アメリカに渡って2年間はどん底を味わった。

飛距離を追求したからだ。

しかし「小技磨き」というきっかけを掴んでからは別人だ。」

遂に現在「賞金女王」の座に君臨している。


ここに興味深い「宮里藍データ」がある。

アメリカツアー参戦選手中、

平均飛距離:244ヤード 87位
パーオン率:63%    76位

平凡なのだ。

つまり彼女は、ロングヒッターでもないし、ショットメーカーでもない。
自分のスタイルを確立したのだ、小技を最大の武器に。

彼女のプレースタイルと誰からも慕われる人間性には、いつも感動を覚える。





人と会う時間、人と時間を共有することが最近すごく増えた。

そして中心にいることが多くなった。

自分の言いたいことが、強く言えない場面が増えた。

話しかけてくる相手に歩調を合わせる自分が多くなった。

「増えた」「多くなった」の連発である。


若い頃は何でも口に出してりゃ良かった。

不満をぶちまけたって、誰かが拾ってくれた。

でも今は違う、自分より若い連中に示しがつかない。

だから話をたくさん聞いて、いいところ見つけてやりたい。

協力だって惜しまない。

面倒くさいことは買ってでる。

これからの「自分の生き方」と思う。


大きくブレなきゃいい。

それも成長できる関わり方かもしれない。


家族で軽井沢に行った。

一昨年の北軽井沢に続き、今年は旧軽井沢へ。

軽井沢1
軽井沢2
軽井沢3
軽井沢4
宿泊したホテルも、地元グルメも、アウトレットも良かったけど・・・

「旧軽」と言えば、高級別荘地。

素晴らしい環境の中、朝のウォーキングは最高でした。

空気が澄んでいて、都会の喧騒と「猛暑」を見事に逃れました。

朝は20度を下回る涼しい気候、クーラー無しの休暇を過ごせました。


一泊ではいかにも忙しく感じたので、来年は3日間くらい滞在したいと感じました。

「少しゆっくり休みたい」年代になったのでしょう。

これからの休暇は、時間を贅沢に使いたい!

一番面白いと言われる準々決勝が終わり、いよいよベスト4が出揃った。

興南・報徳学園・東海大相模・成田・・・

久しぶりに屈指の有力校が残ったような気がする。

それぞれ絶対エースを持っているチームだ。

楽しみだ。

社員と言えば家族も同然、どんな夏休みを過ごしたか?


大変気になるところ。


昨日から続々と出社が始まり(若干名が休み中)、朝礼での報告会となっています。


結婚して、子供が小さい者がほとんどなので、家族とどう過ごしたかが聞いていて微笑ましい。


自分自身、既に小さい子供がいないせいか、そう感じるのだろう。


今味わえる夏休みは、今しか味わえない。


思い出を大切にしてほしい。


甲子園では毎日熱戦が繰り広げられている。


昨日は神奈川代表の東海大相模高校が、エース一二三(ひふみ)の一安打完封でベスト8に進出した。


この一二三投手、春の選抜も期待されながら一回戦敗退。


そして今回、投球フォームを改造して再登場。


サイドスローの本格派を見るのは久々だ、最近はプロでもなかなか。


内外に上手に散らしながら、時に鋭いえぐるようなシュートを投げていた。


非常に冷静な顔つきだし、とにかく彼は頭の回転が早そう。


それにしても、今の高校野球は昔の西高東低はどこへやら・・・


福島代表が大阪に勝ち、新潟代表が福岡に勝ってベスト8、


まぁ、真紅の大優勝旗が北海道へ行くぐらいだからね。




15日と16日は弊社の仕事の一つである「納骨立会い」が1件ずつ入っている。

年中無休(とは言ってもローテーションで夏も年末年始も休んでいる)の弊社では、

毎日必ず誰か出社している。

今年の昨日今日は、珍しく私が出社してます。


さて、昨日は帰りに晩飯を・・・coco壱のカレー「オクラ&納豆」トッピングでソーセージ。

カレー
辛さは「3」にしておきました、このレベルだとカレーの味がして美味しい。


今週末は一泊ですが、軽井沢へ行きます。

避暑地での朝の散歩を楽しみたいと思っています。

 



終戦記念日だが、他のブログでもたくさん特集されてると思うので、

敢えて詳しく触れませんが、当時の日本人は何をどう間違ってしまったのか?

などと、昨夜カミサンと話してました。

ちなみに連合国では、9月3日が対日戦勝記念日ということです。(ポツダム宣言受諾の日)




さて話は代わって表題の件。

7月末で「水口」の半期が終了。

経営指針の「単年度目標の半期売り上げはクリアしました」と営業部から報告。

しかし、ここ数年より低い目標設定(昨年、一昨年と落ち気味だったので)の感が否めません。


この程度の見極めが出来ないで浮かれているようでは話にならない。⇒浮かれ易さは子供の証拠。

ですが目標クリアは立派、問題は社風の実践状況。⇒やっぱり子供。

浸透からは程遠い状況。⇒私の器が未熟な証拠。

残りの半期は「心を鬼とし」、社風の完全浸透を達成します!


仕事は段取りが全て、やっているようで未完全。

「地に足をつける」ことこそ良い結果の表れ、そのようにすべきです。







ゴーヤ
六本木ヒルズの「エーケイブ~アジアン食堂」へ。

以前は麻布十番へ行っていましたが、店の内容が変わってしまったので。

今日は「ゴーヤとチキンのピリ辛」を注文。

席でマゼマゼしてくれるのだが、十番の手なれた女性スタッフに比べると、

ここのオジサン少し手際が・・・ここなら自分でやれるなぁ。

*魚介だしのスープとドリンクはお代わり自由のセットで、
 850円は場所柄を考慮するとかなりお得感あり。

他にも、明太子とチーズ、ナシゴレン、ガパオなどなど色んな石焼きがあります。

何度食べてもたまに食べたくなる一品です。





高校柔道界にスター誕生の気配、

何故まだ気配かというと「準優勝」だからだ。

田上 創、都立戸山高校3年、柔道とは縁遠い進学校だ。

そして彼が異端児なのは、出身校だけではない。

何と部員は彼一人、

練習は大学への出稽古。

沖縄の高校総体で、東海大相模の王子谷剛志選手に敗れて準優勝。

田上は、推薦での私大進学はせず、文武両道で国公立を目指すということだ。

天晴れな高校生。


ちなみに、あの山下泰裕(ロス五輪金メダリスト)は19歳で日本一になった。







「見える化」という言葉が頻繁に使われている。


「会社は生きもの」という話をしたが、「見える」ことこそが大事であり、


「見えない」原因が把握されていなければならない。


正に「見える現場」と「見えない現場」だ。


経営陣は現場の異常や問題を、「見えて」いるか、「見よう」としているか、


また現場は「見せよう」としているか。


様々な異常や問題は日常的に発生している。


大切なのはそうしたことが、「隠されたり」、「歪められたり」せずに「見える」ようになっているか


どうかだと思う。


*このブログを読んでいる社員へ

 以上のことが基本となって、あらゆる施策が枝のように伸びていく。

 社員間で意思統一をはかり、「見える化」を徹底してもらいたい。 

そう、以前ブログにアップした「フォーク酒場」でのボーカルデビュー。

その時のパートナーギタリストのリスペクツ山上こと山チャンと飲んだ。

場所は溝の口。

とさかーな

人気の焼き鳥屋「とさかーな溝の口店」。

店員、元気良すぎ(笑)。

焼き鳥は旨い、酒も旨い。

話は、仕事、会社、家族、将来・・・夢も悩みも紙一重、これが人生だ!

エネルギーの交換した。サンキュー!山チャン。


大井町線

帰りは溝の口から大井町線で。

22時半位の電車でしたが、ガランとしてましたね。夏休みカナ。




横浜港南区の交易食品「中村せりか社長」が来社、美しいママさん社長でした。

<とてもお子さんがいらっしゃるとは?・・・若くて綺麗な>

弊社塚田部長がお世話になっている「創新塾」の同期という関係で、

つい昨日「横濱ビーフカリー」を大量に送っていただいて、社員やパートさんに配ったばかりです。

横浜ビーフ
横浜ビーフ2

本日のランチに早速いただきました。

中辛ということで辛みはあまりありませんが、(辛いのが弱い人はピッタリです)

お肉や野菜がしっかりとした具の大きさで入っています。

とても美味しいランチカレーを食しました。(お手軽だし)


中村社長、ありがとうございました!






ハンバーガー
昨日、ハンバーガーを作りました。

玉葱を炒めて、パン粉と牛乳を混ぜ合わせたものを挽肉とこねて、卵を一個混ぜます。

レタス、トマト、玉葱を準備し、

焼き上げたハンバーグにチーズをとろけさせて乗せ、マスタード、マヨネーズ、ケチャップで味付けして出来上がり。

パンも少し焼きを入れました。


巨大なハンバーガーの完成です。

手作りは最高です!また作ろう。











休日は基本グルメマスターとなり、美味しいものを食べに出かけたり、

最近始めた料理をしたりする。

しかしながら僕も中年ど真ん中の48歳、

週末の朝又は夜のウォーキング&ジョグはかかせません。

最近は涼しい夜を選んで、1時間ほど出かけます。


コースも一定にせず、ウェアのチョイスも替えます。

とにかく食ったら消化しなければ。

ほっとけば肥満へまっしぐら、ただでさえ中性脂肪高めです。

トレーニングも徐々に充実させていきます。














5
よくある自治会の盆踊りの風景?

1
2
近隣の高輪アメリカンクラブ主催の盆踊り。

3
4
外国人の浴衣姿が多かった。

ビール、焼きそば、焼き鳥、とうもろこし・・・

と、ここまでは普通の縁日と変わらず。

がしかし、

ホットドッグ、ローストチキンにワイン・・・

さすがにアメリカンクラブ。

作っているのも、ここのレストランで働いているシェフの皆さん。旨いはずです。

値段は普通の縁日よりお安いです。

団扇もただでいただきました。

来年はクラブ自体が麻布十番へ引っ越し、ここでは今年限り。

麻布十番?!





野田岩
2年ぶり、東麻布「野田岩」へ。

さすがに名店、土曜日開店11時丁度に行って待つこと30分。

うな重
ここの鰻重は、天然ものの鰻を使用(但し、4月~12月限定)。

タレは甘さ控えめ、ご飯とのバランスが格別です。

個人的には「宮川」も捨てがたいが、ここもやはり名店の味です。

暑気払いにはピッタリな一品となりました。

*「肝の釣針に注意」には笑えるが、天然ならでは。

自分でバランスをとることは大切です。

人間、行き過ぎたことや言い過ぎた事はよくあることです。

僕だってそんなこと、たくさんやってきました。

あとになって、「言い過ぎたかな?」「やり過ぎだったかな?」なんて後悔しました。


でも経験って凄いです、もうしなくなります。

感情を一度に出すよりは、小出しにしたほうがいいです。

誰ともぶつかりません、人の話も楽しく聞けます。

先ほども述べた様に、人とぶつかることをたくさん経験したからです。

バランスとりましょう!








会社は生きものです。


何も手をかけずにいれば弱点がどんどん悪化するか、


逆に手をかけすぎれば危機感もなくなり、成長できないだろう。


本当は大きな投資など必要ないのかもしれない。


会社全体にエネルギーが溢れ、一人一人がビジョンを持ち、大きな視野でものを見て


進むべき道をしっかりと歩めば、自ずと結果は出るであろう。


社長の仕事とは、そういう状態へ如何に早く持っていけるかだと思う。








毎年恒例の介護施設でのイベントです。

フラダンス

同友会の大先輩、J座さん率いるハワイアンバンド「モアナ ハワイアンズ」の演奏と、

これまたお馴染みの「ナニ・アコル シスターズ」のフラで、大変な盛り上がりをみせました。

オカリナ
また、今年はハワイアンの第1部と2部の間に、

横須賀のオカリナ演奏グループ「朋音」(ほうと)による数々の童謡などを心地よく聴かせていただきました。

特に夏の歌で演奏してもらった「浜辺の歌」は胸に熱いものが・・・。

毎年のことですが、朝から大変な準備(食事の用意など)をしてくれている、

ジャパウイン「三浦こもれび」のスタッフに心から感謝します、ありがとう!




自分が若手なのか、そうでないのかですが?

まぁ若手ではないです。


助言と言えば助言なんですけど、

でも・・・もう口出さなくておとなしくしてればいいのにって思っちゃいます。

言われている事は正論で、全くもって間違ってないんですけど・・・


もういいんじゃないのって感じ?

若手もうんざりって顔してるよ、何で気づかないのかねぇ~面倒だ。

これは、とある業界団体の話?ですが・・・


私もそう思われないように、色んなお役はサラッと身を引こう!


近いうち。

エスニックチャーハン
料理のレパートリーがまた一つ増えました。

「タイ風 エスニックチャーハン」です。

2人分レシピ

1.豚こま(150g)、ニラ(2分の1束)、イカ(ゲソ1杯分)、香菜(2分の1束)、エリンギ(1本)

 を同じくらいに大きさを揃えて細かく切る。ニンニク(1カケ)はみじん切りに。


2.チャーピル(5~7本)を超みじん切りに。

3.フライパンに油を入れてニンニクの香りを出して豚こまを炒める。

4.(3)にイカ、エリンギ、(2)を加えてニラ、香菜を入れてライム(2分の1個)を搾り炒める。

5.(4)にほぐしたご飯を加えて手早くなじませる。

6.ナムプラーを味の中心にして他の調味料で味を補助していく。

調味料
ナムプラー(大さじ1~2)
塩(少々)
胡椒(少々)
砂糖(小さじ1)
オイスターソース(大さじ1)
豆板醤(小さじ1)
ラー油(お好み)


炒め物
ついでにもう一品。

「インゲンともやしと豚肉の炒めもの」

豚肉(120g)の下味調味料:酒(大さじ1)・醤油(小さじ1)・片栗粉(小さじ1)
インゲン(さやインゲン)125g
もやし 125g
ニンニクみじん切り(小さじ1)
しょうがみじん切り(小さじ1)
長ネギみじん切り(大さじ2)

*インゲンは軽く下茹でする。


エスニックチャーハンは名前の通り、タイの香り満載の一品に仕上がりました。
お好きな方には大いにうけますが、苦手な方も多いので・・・。







こういう暑い日が続くと、我が家は無性に油っぽいものが食べたくなる。

カレーとかトンカツとかハンバーガーとか・・・。

そしてこれもまた夏によく食す。

スペアリブ
★スペアリブ★

自由が丘「シャッターズ」、マニアの一品。

フォークだけですぐに解れて、骨以外きれいに全部戴けます。

久しぶりの訪問、日曜日の昼など予約なしでは不可能なので前日に予約。

ハーフ&ハーフで、いつもの塩コショーとバジルを。

ブロッコリーとアンチョビ
そしてパスタ・・・それにしても俺はパスタ好き。

しかし今日のパスタは超絶品、「ブロッコリーとアンチョビのスパゲティー」。

細かく刻んだブロッコリーが絶妙に絡む。


写メは撮らないが、最後に名物アップルパイにラズベリーアイス乗せをいただきました。

実はスペアリブと並ぶ名物です。

案の定、満席でした。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。