FC2ブログ
2010 / 07
≪ 2010 / 06   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


密かに開催されている。日本で。

昨日BSで放送していたのを、たまたま観た。

日本vs韓国、結果は4対0で日本の完勝、勝ち投手は斉藤(早稲田)。

その韓国は今日、キューバと対戦、コールド18対0で大敗。

キューバは凄い。

敵はキューバとアメリカ。


ちなみに出場国は他に、台湾、中国、カナダ、スリランカ。

日本もドラフト候補がぞろぞろいる。

いずれはこの大会の参加メンバーは、WBCで対戦か。






スポンサーサイト


浜日傘 ゆらゆら
すらりと伸びた 長い脚
蒼い夏が 駆けてゆく
僕は昼寝を口実に
泳げないのを幸いに
女の子って やっぱりいいな


裸の子 じゃぶじゃぶ
おちんちんさえ 可愛くて
蒼い夏が はしゃいでる
君は夏みかん剥きながら
早く子供が 欲しいなぁ
わざと言って 溜息ひとつ


盂蘭盆会(うらぼんえ)ちらちら
燈籠流し水明かり
蒼い夏に 祈りあり
いつか亡びる この海が
肌をじりじり焦がすので
今夜きっと 寝つかれぬでしょ


老夫婦 はらはら
過ごした日々が 朽ちてゆく
蒼い夏に 淋しさあり
僕は平凡な愛妻家
もう何も考えまい
愛することの 煩わしささえ









(株)神奈川特殊車輌の森川社長を訪問。

彼とは15年来の知り合いだ。

とにかく元気がいいので、こちらもノリで話し込んでしまう。

理念があるし、エガオだし、夢がでかいし、サッパリしてるし・・・それでいて戦略家だし、魅力的な男だ。


彼のような経営者が近くにいるだけで、多くの人が多くの刺激をうけるに違いない。








侘家古暦堂
京都の鶏屋さんです。

侘家鶏たたき
この店の鳥は侘家鶏と言われ、鳥取県の大山のふもとで自然飼育されているオリジナル鶏です。

一般の鶏は80日くらいで出荷されますが、侘家鶏は120日までじっくり育てられた雌のみを使用

しているらしく、脂が乗って弾力があり旨みの濃い鶏です。

これは、「たたき」ですが、つくねも絶品で、鶏と言うより高級な牛肉をいただいているような

感じでした。



入会11年目にして、いよいよやってきました。

横浜支部での報告です。(地区例会ですが大勢の方にご参加いただきました)

それと今回は、栄港建設の岡野専務とのツイン報告でした。(コーディネートは安心サービスの安村さん)

パネル式なので、予め聞かれる内容も用意されていましたので、

割と負担なく終わることができたので、懇親会を一銭も払わずに飲食するのは・・・

気も引けず、ワインまでいただくことに。

場所は横浜スカイビル27階のクルーズ×2、見晴らし最高でしたね。2年ぶりでした。

でも一つだけ・・・

懇親会への流れが寂しいですね、支部長さえもお帰りに。

他支部から2名の報告者を招き、川崎ではあり得ないです。⇒副代表理事も兼任しているので、少しシビアに失礼。

誘い合う姿勢、囲みあう姿勢、繋げていく意欲、こんな感じですかね。


頑張れ、横浜!














ある仲間の会社の社員さんが、

本ブログを自身のブログにリンクしてくれていることが発覚しました。⇒別に悪いことではありませんよ。

嬉しいですね!

本人の許可が無いので詳細は書けませんが。


特に誰でも良かったらしいのですが、中小企業家の考えが知りたかったらしく、

宛てもないのでという理由だそうです・・・。

でもまぁ、それでもたくさんいらっしゃる中から、私をチョイスしてくださった訳ですので、

今後も何の参考になるかわかりませんが、精一杯書かせていただきます。





毎月一度の船の会。

全員集合して3ヵ月ぶりの出航。

2時間のクルージングを終え、皆で船を洗い→これが大切。

お腹ペコペコの昼飯は、「たかのや」へ。これまた1年ぶりか。

ビール?
やっぱり一仕事したあとの・・・あれ皆車で来たんでは?・・・

ご心配なく、揃ってノンアルコールビールをジョッキで!

お刺身
たかのや
日によって違う魚が上がる漁港ならではの定食屋さん、

ここは秘密の隠れ屋です→決して隠れてはいませんが。

普通の予約はききません、「これから3分後に5人で」みたいなのは歓迎です。

醤油の隣にあるのは、名物「漁師のタレ」、これ絶品です。


他のお客さんが食していた{魚の天ぷら}、旨そうでした・・・次回は。

7月14日のブログに掲載した「鶏飯」は、思った以上に反響が大きく、

様々なお問い合わせをいただきました。

今回はワイフから送られてきた「レシピ」を掲載したいと思います。



<材料>



とり胸肉 

しいたけ(生・乾燥どちらでも可)



好みの漬物(しば漬け・たくわん・高菜など)

三つ葉

しょうが

ねぎ(青い部分)

だし汁(市販の白だし)

 

<作り方>



1 しいたけを薄切りにして酒・砂糖・醤油で煮汁がなくなるまで煮る。



2 大きめの鍋に水を入れ、しょうがの薄切り、ねぎの青い部分をいれて沸騰させる。

 とり胸肉の皮を下にして入れて5分間程度、中火でゆでる。(このときに沸騰させないように)

火を止めて、蓋をして20分から30分置く。さめたら、食べやすいようにさいておく。



4 うす焼き卵をつくって細くきる。



5 ごはんに、鶏肉・しいたけ・卵・三つ葉・漬物をのせる。

  お茶碗によそって、だし汁をかけて頂く。好みでわさび・ポン酢など



☆ 鶏肉はたくさん作って冷凍しておくと便利です。さいた鶏肉とザーサイ・白髪ねぎを酢とごま油で和えると

簡単な一品ができます。ゆで汁は捨てないでスープなどに使って下さい。また、ゆで汁でご飯を炊くと、シンガポールの海南鶏飯(ハイナンチーファン)が出来ます。鶏肉と一緒にチリソースや中国醤油でどうぞ。


*お試しください。

大先輩の経営者から言われた言葉です。

自分の成果ばかりをうたわず、謙遜し次へ備える。

何でも自分で解決しようとせず、人の成長を育む。

時には物事を遠くから広い心で包み込み、軽く手で支えることだ。

今からでも遅くは無い、将来の自分像を見据えたい。






連日の猛暑である。

実際は35度を超えない限り、そうは呼ばないが・・・

過去、日本では40度を超える正式気温は3か所で記録している。

熊谷、甲府、前橋だ。

不思議なことに何れも関東甲信越なのだ。


しかし今年の夏は久方ぶりに猛暑の日本列島である。

そしていよいよ今日これから、東京や神奈川でも35度を超えそうな勢いだ。

本格的な暑さとの、負けられない戦いが始まる。





昨日のランチは白金のイタリアンへ。

白金台ではなく白金です。(知らない方のために)

白金は古い商店などが今も残る街です。

「ビット」は小さいお店でした。
ビット
11時半開店で一番乗りでした。

前菜
すべて味が違う前菜は大変感動モノでした、これだけで早くもやられます。

決して前菜という量ではありません。

手打ちトマト
カミサンが選んだ手打ちパスタはトマトソース。
手打ちクリーム
私が選んだのはクリームソース。

両方ともフェトチーニを選択、モチモチ感がすごい。

一見、量が少ないように見えますが皿の底が意外に深いのです。

この店の特徴は麺を打つときに重ねないことだそうです。

それが歯切れの良さを生んでます。

メインは肉料理(量多し)、デザートとドリンクが付いて2,000円台で満腹です。

平日ならパスタランチはさらに手軽らしいので、次は平日に。
カプチーノ

*カプチーノにも手を抜かないところなど、評価できます。ホントに旨い店でした。
 家庭的な感じがいいですね。(お兄ちゃんのウンチクもいいよ)


お中元
宮古島マンゴーは(伊良部島産らしいですが)、沖縄でも最も良質らしいです。

沖縄の友人が(現在は大阪在住)毎年送ってくれます。

今年も今朝届きました。

大ぶりのマンゴーが4つです、家族で今夜食します。

浜辺の写メなど送られてきましたが、行きたいですねぇ~。

やはり沖縄は別格です!



たき下
珍しく次女を連れだって三人で、麻布十番「たき下」へ昼食。

重ねて珍しく三人とも同じ「紅鮭の味噌漬け定食」。

小鉢
小鉢が3点付きます。胡瓜の酢のもの、ひじき、漬物。

夜は高級な料理屋なので、小鉢も手を抜きません。

紅鮭
そしてメインの紅鮭味噌漬け、皮も香ばしくいただけます。
メニュー

大根おろし、テーブル備え付けのカツオ節、美味しい白米、

どれもおかわり自由です。

玉葱と揚げの味噌汁が付いて1260円は場所と店を考えればリーズナブルかも。

今日も満席でした。

ここは外国人客が多いのも特色です、箸の使い方が下手な私は彼らの器用さに圧倒されます。



どらやき
静岡県の清光園?生産の「生クリームどら焼き」、

お盆のお手伝いをしているお寺で、お茶請けにいただきました。

僕のは「大福味」、もう一人のお手伝いの若者には「プリン味」でした。


中は大福で餡子、でもどら焼きで生クリーム、複雑ですがすごーく美味でした。

お寺には美味しいものが集まってきますね。ご馳走様でした。






昨日のことです。

会歴の浅い会員が中心になって実行委員を務め、1年余りの歳月をかけて臨んだ

「ビジネスリゾート2010」が盛大に開催され、無事終了しました。

決して自分の利益のためだけでなく、寧ろ他のために物事を成すことは、

それだけで何にも代えがたい素晴らしいイベントでした。

ビジネスリゾート
最後の懇親パーティーも、決してお金をかけるだけのものではなく、

お互いの縁を深めることを目的とした素敵なパーティーでした。(熱かった)

私の役目は「開会宣言」と「懇親会の開会挨拶」、

支部長というだけで何も力にはなっていませんが、こうして良いお役だけをつけていただき光栄でした。

何かとても熱いものを感じた一日でした。感謝!






昨夜は久しぶりに家ごはん。

疲れた胃を癒すにはぴったりのメニューでした。

鶏飯
鶏飯(けいはん)、奄美大島の郷土料理だそうです。

それを奥さんが家バージョンで。

しいたけ、鶏肉、卵焼き、三つ葉と白いごはんのみ。

出汁
そして食べ方。

少しずつお椀によそって、だし汁をかけて食します。

漬物を添えてお茶づけの様にサラサラと。

わさびを入れると尚いい味です。

川崎では東京23区と同じく、7月にお盆を執り行う。

今日はお盆の入り、「迎え火」をたく日。

私達が普段お仕事をいただいている川崎市内(特に南部)お寺にも、

多くの参拝者がみえました。

盆飾り
そして水口の会社の2階にある仏壇飾りも、お盆バージョンです。

仏を迎え入れ、偲びたいと思います。

スペインvsオランダ。

結果はスペイン初優勝、おめでとう!

10月にスペインへ行くので丁度いい感じです。

ついでに本田選手あたりが、エスパニューラに移籍してくれると、

日本人の認知度がかなり上がるんだけど。


個人的にはシャビアロンソが好きなんですが、2番目に好きなイニエスタが決勝ゴール。

感動です。

オランダ、残念だったけど、次のブラジル大会に下馬評を覆して再度ブラジルを倒し、

今度こそ正真正銘のチャンピオンになって欲しい。





小松外
梅雨の雨が降りしきる中、行ってまいりました。

横須賀で創業125年の料亭「小松」。

かの東郷平八郎や山本五十六が愛した格式高い老舗です。⇒女将は4代目

応接室
まずは応接室に通されて、密談?・・・社長さんの説明を聞き、冷たいお茶をひとすすり。
掛け軸
そして貴重な掛け軸の部屋へ、
東郷平八郎や山本五十六直筆のものが飾られておりました。
長官室
そしていよいよ今日のお部屋「長官室」へ。
この部屋が予約で一杯だと、先の予約をとってまでこの部屋に拘るお客様が多いそうです。

旧日本海軍の、そして今や横須賀駐留の米軍の間でも、誰もが憧れる料亭なのです。

地元横須賀の小泉純一郎元総理もいらっしゃるそうですが、

せっかちで、料理の出てくるのが遅いと「早く早く」と催促がうるさいそうです。

相模湾で上がる魚を中心に、品の良い料亭料理でした。

京急横須賀中央駅から歩いて8分のところです。

*ご紹介いただきましたО野さん、導いていただきましたM田さん、ありがとうございました。

7月7日
昨夜は七夕、ジャパウインの設立記念日。

そして毎年同じ日に行なわれてきた「経営指針発表会」。

なんと7月7日第7期です。

紆余曲折ありましたが(まだあるかもしれませんが)、何とか無事今日を迎えられています。

いつもこの日に感じる事は、経営者としての自分はなんて無能なんだろう・・・

と思ってしまうほど社員に支えられているのだと実感します。

まさか、社員の発表から「当てにし当てにされる関係」などという言葉が聞けるとは。


素晴らしいです、同友会の社員研修に参加してもらってよかったです。

その社員は来賓からの評価も高かったようです。⇒しっかりメモを取っていたようです。

こういう社員は他にもたくさんいます、だから私も謙虚に努力をします。

「輝ける未来のために」!








住み始めて8年のマンション、フローリングを大変身させました。

ツルッツルのピッカピカです。

UVコートを施して、20年間は保たれるようです。


朝8時から作業に入って、夕方6時に終了。

ワイフが業者さんに聞いたところによると、夏は渇きが遅く時間がかかるみたいです。

新築時に施すとさらにいいらしいです。

リビング

リビングも、

廊下
廊下も、

ホントにきれいで、おまけに裸足で歩いても汚れが付かず、スベスベしてます。

傷も付きにくいということです。

大事に使いたいと思います。





プレミアム
この本の中に書いてあることですが、

サントリーの営業マンは、自社の製品を売りに行って、他社(例えばエビス)の製品が

棚に在庫切れしていると、「エビスも補充しておきましたぁ」と言って補充するそうです。

デフレの世の中でも、通常の商品より30~40円高にもかかわらず、

6年連続して売り上げを伸ばしている。


味へのこだわり、売り方、辛抱強さ・・・

ヒト、モノ、カネ、情報に次ぐ、第5の経営資源、

「企業文化」かぁ。

これは中小零細の我々にもつながる。












店
ここは東麻布の住宅街、’フレンチ厨房’「ラリューン」。

年1~2度行く店。(今宵は次女6月30日生まれ、18歳の誕生日食事会)

15人ほどの席しかない小さなお店です。

アワビ
アワビのサラダ仕立て肝ソース添え→胡瓜、なす、ズッキーニなど、野菜も豊富。オマール海老
メインはオマール海老のソテー、こちらもアスパラやゴボウなど、契約農家の野菜がどっさり。

*スープと食べ放題の自家製パンがついて4700円のコース、安いと思いますよ!→ランチは1500円くらいです。

最寄は麻布十番駅、徒歩5分。

6時半から1時間、散歩。

先日決めた散歩コース

御殿山~北品川商店街~東品川~天王洲~運河沿い~品川港南地区~品川駅構内~高輪~御殿山

ぴったり1時間でした。

天王洲
運河沿いから天王洲をパチリ。

曇っていたので暑さは半減、でも気持ちよい汗かきました。

途中の公園でじいちゃん&ばあちゃんに混ざってラジオ体操、新バージョンでついていけなかった。


駄々屋
昨夜は久々に駄々屋へ。

創新ワールド斎藤クンのお姉さん夫妻の店。

明るい素敵なお姉さんに、寡黙でたまに見せる笑顔が可愛い旦那さん→職人さん

ここの魚は妥協していない、だからいつも安心。

しばらく大勢で行ってないが、ホントは大勢で行って色んなものを食したい。

刺身
鰯の刺身が甘くて旨い、柳タコの食感もいい。

近くまた訪問したい、お気に入りの店だ。


その斎藤クン、昨夜は酔いが回ってました。身体の変わり目ですね。



色んな人がいる。

話さなくても常識で分かり合える人は楽だ。

ほとんど半分はそういう類の常識人だ。


しかし、「いい人なんだけどね・・・」て最後に気遣わないといけないのが、

話しても最後までは分かり合えないだろうと思う人だ。

その人たちの相手は、結構大変だ。

元々考える視点がまるで違うし、相入れないのだ。強引だし。

でもわかった、何故その類の人が自分を主張するのか、相手を必要以上に巻き込もうとするのか。

寂しがり屋なのだ。一人が怖いのだ。案外臆病なのだ。

大きなことを言う人、自分の自慢が多く、失敗したことを話さない人、

大きな犬を連れて、威風堂々と街を闊歩しているひと等など。

そんな人は大抵臆病で寂しがり屋さんです。


話を戻して、

でもそんな人たちともバランス良く対応できるようになったかも。

少しイラッとくる時あるけど・・・。









昨日は次女の18回目の誕生日。

私は連日連夜、会社泊が続き、帰宅せず。

あんな子供だったのに(今も子供だが)、来春で高校を卒業し、

大学生になるとは・・・


彼女が小さい頃、仕事と遊びに明け暮れて、ろくに遊んでやらなかった。

今となっては後の祭り。


孫が出来たらどうだろうか。













三原じゅんこ
昨日夕方、JR川崎駅で、参議院選挙の比例区に出馬している彼女が、

大勢の人に携帯を向けられ、一人一人の手を握り、まるで新興宗教の教祖のようでした。

そんな私も一枚。


三原じゅん子と言えば、

「金八先生1」で、父親が再婚したママハハになじめずにぐれて、

オートバイを乗り回す故古尾屋雅人演じる先輩を慕い、

美容師を目指している生徒「山田礼子」を演じた。

初回では、同級生をプチリンチしている場面で、

「顔は止めな、ボディにしな!」の名台詞で、男子に指示を出している姿がりりしかった。

当時、好対照のまじめで可愛く、正義心の固まり女子を演じていたのが、

川上麻衣子だった。










ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。