FC2ブログ
2010 / 04
≪ 2010 / 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 / 05 ≫

昔亡くなった父親のことは、本ブログでも何度か書かせていただきました。


実は今日、4月17日は亡き父の誕生日です。


生きていればですが、御年76歳になります。(享年は49歳です)


そして父と母は、49年前の今日、結婚したのです。


結婚記念日でもあるのです。




実は偶然ですが、私も誕生日が(3月29日)結婚記念日なのです。


まぁいずれにしても、どうでもいい情報でした(笑)。









スポンサーサイト



本
「日本辺境論」。

日本人とは「辺境人」である。

日本人とは何者か?という本である。

常にどこかに「世界の中心」を必要とする辺境の民、それが日本人なのだ。

ただ唯一、日露戦争から太平洋戦争までは、辺境人が自らの特性を忘れてしまった特異な時期なのだ。

つまり、世界の中心は言うまでもなく我が国日本で・・・・・


ところが戦後、正常な状態に戻った日本は、「辺境国」「属国」の地位を取り戻したのであります。

属国というのは言うまでもなく「アメリカの・・・」です。




日本人であるという自覚、日本人である意識、日本人という証、

考えてもみないことです。

当たり前に、日本人をやっています...みたいな。

この本を読んでいると、「辺境人」なんだなぁって思います。

















ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!