FC2ブログ
2010 / 02
≪ 2010 / 01   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - -  2010 / 03 ≫

最近、趣味として確立しつつあるクッキング。

まだ本質的な料理には程遠いが・・・

自分で食べたいものは自分でという発想から。

ナポリタン


当然ですが・・・旨い。


スポンサーサイト



簡単チキンカレー
水炊き用の鶏肉を骨付きのままヨーグルトにつけておきます。

玉葱、にんにく、赤唐辛子をバターと塩少々、しょうがで炒め、

トマトを加え、鶏肉を入れてグツグツ1時間ほど煮込み、

仕上げに少しのウスターソースを入れて終わり。

ナンと一緒にいただきます。

家族には大好評!

ミックスフライ
荒崎のとある名もないラーメン屋。

なんと一番人気のメニューは?

アジフライを真ん中に、大きなエビフライ&豚ヒレ肉のフライ、「ミックスフライ定食」。

お値段、750円。

このボリュームでこのプライス。

アジはこの日の朝の取れたてをもったいないけどフライにしましたって。

味噌汁じゃなくて、中華スープなのがまたいいです。

キャベツも路の物。

ご馳走様でした。

おかげで元気になりました。




今年は年男(48歳)です。

47年も生きてくれば、様々な膿が溜まります。


一度全てを吐き出さなければならない時期です。


いいものも悪いものも一緒に吐き出すのです。


選んで吐き出すのは難しいです。


非常に馴れ合い的なもの、意識が薄れて緊張感のないもの、自分の吐く気力のない言葉、


感動できない荒んだ心、優しい気持ちになれていない己の勝手さ、


何を言われても怒らない大きな器・・・・・


他にもたくさんあります。


まさに、「今の自分を捨てるのは今なんだ」(吉田拓郎「まにあうかもしれない」より)


*この瞬間も捨て去ることです。

本
昨日のブログで偉そうに言ってましたが・・・

結局のところ、人を理解するのって難しいんです。

「大人になれない若者たち」

これ、臨床心理学の先生が書いてます。

色んなことで悩んでる若者の範例が記載されていて、

理解できることと、理解できないこと、そして理解しようとしたこと、

3パターンありました。私としてはですが。


でも読んで良かったと思います。

「社会にうまく適応できない若者が増えています。」

本当なんですね。






汽車を待つ君の横で
  ぼくは時計を気にしてる
  季節外れの雪が降ってる
  「東京で見る雪はこれが最後ね」と
  さみしそうに君がつぶやく
  なごり雪も降る時を知り
  ふざけ過ぎた季節のあとで
  今 春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった


動き始めた汽車の窓に
  顔をつけて
  君は何か言おうとしている
  君のくちびるが「さようなら」と動くことが
  こわくて下を向いてた
  時が行けば 幼い君も
  大人になると 気付かないまま
  今 春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった


君が去ったホームに残り
  落ちてはとける 雪を見ていた
  今 春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった

  去年よりずっときれいになった
  去年よりずっときれいになった




なごり雪はいつ聴いてもいいですね。
情景が浮かんでくる、美しい詩です。
作詞も作曲もショーヤン(元かぐや姫の伊勢正三さん)、
才能の塊ですね。




何故こんなことが出来ないのか(わからないのか)?

それも仕事ではなく、一般的な常識の範囲のことです。

親は何やってきたんだ?

こんなのいちいち会社で教えるの?


これ、決して怒っているわけではないんです。

社員を雇用している人なら誰でも感じる単純な疑問なんですね。


行動も遅いねぇ~呆れるくらい。




直ぐに動けないんだね、何でだろうって思うけど。

それで言い訳が多かったりするんです、また呆れる・・・

何で行動できなかったかを、言い訳するんだよ。

でもね、そこで辛抱強く諦めずに「社員教育」=「社長の大事な仕事」


しかししかし、それって結構きれい事言ってる気がする。

自分を改めようとする気がない相手に、

どんな言い方をしても伝わらないと思う。

同じ姿勢、同じ言動、同じ行動、同じ考え方、

それで結果が出ない。でもその繰り返し、パターン化してる。

新しいやり方とか、まったく考えもしない。


何の自信があるのか理解できないが、パターンを続ける。

「継続は力なり」って、大きな勘違いしてる。


でも、それを促して教えていくのが「社員教育」です。

会社のレベルが社長のレベルなんです。わかってます。

ただ、私も人間です。魔法使いではないよ。魔法持ってないし。


このブログ、当然社員見てます。っていうか見てください。


「仕事は質です」これも勘違い。

「質」が何かわかる?、「質」が備わってもいないのに、闇雲に「量」だけが減る。

考えてないんだ、考えてから始めてないんだ。

でも、「じっくり考えて」を基本にしていくと、

行動が遅くなってしまう。繰り返しなんだね、いつも。

適当が多いね、質がない。

「契約書作成」の統一性なんて、話し合って結論すら出てない。

「契約書」の重要性を言ってるはずだけど、あれじゃ。

いつも、誰でも、どんな時も、なんでも・・・変わらず同じ。


一般社員はよくやってる。




*直ぐ忘れちゃうんだね。



社長も人間だよ!

スーパーマンじゃないんだよ!


でも結局、会社は社長の器以上にはならないんだね。

「社員教育」が出来てないんだ、社長の大事な仕事なのに。

結局、俺の努力がまったく足りないってことです!!!




















所用で東銀座へ。

ちょくちょく来ますが、

帰りにほぼお決まりで行くお店「中華 蘭州」
中華
今日は、「豚肉ピーマン玉葱細切り丼」(1050円、スープ、ザーサイ付)。

ここは少し高めなお値段ですが、何故かはまってしまいます。

☆坦々面は旨いけど、メチャクチャ辛いので気をつけて!



中村文則著「掏摸」、読み終えました。

本の帯にもありますが、誰か「映画化」してくれないかなと思います。


ある意味、特殊な人生を生きている主人公ですが、

誰にでも当てはまる深い思いが描かれているような・・・



本
これで「スリ」って。

昨日夜、半分読んだ。

これまた嵌ります。


帯にあるように、映画化したら面白そう!

全てを読んだら、また。





サンパカ
サンパカ②
スペインのチョコレートらしいです。

ワイフからの頂き物です。

これは、フルーティーなチョコ。
他にもトリュフだとか、ナッツだとか・・・

ヨーロッパのチョコなのに甘くない。

ビター好きな私にはОK!

11日~12日と「中小企業問題全国研究集会」が国立京都国際会館にて行なわれました。

神奈川の仲間と参加して大変有意義な日程を消化いたしました。
舞妓の舞
懇親会の皮切りに、舞妓さんが舞台の上に登場して・・・

その後の二次会は、以前、別会社のお取引様にご紹介していただき、その後も利用させていただいているお店(京都同友会会員)を、祭日にも関わらず開けていただきました。

本当に感謝です。

仲間と大いに語り合い、盛り上がりました。


今年の目標は、「人として大きくなる」です。
これまでの、様々な方からの教えに対して、「成長」という言葉で恩返ししたいと思います。
そして様々な反省も決して忘れてはいけません。
大きくなるだけでなく、中身を伴った人間になることです。

順正


翌日は「南禅寺 順正」にて、美味しい湯豆腐懐石をいただきました。
もう一度食べたくなる、不思議な豆腐です。

最後になりましたが、
良い仲間がいるという事は、素晴らしいことです。
生きている意味があるのだと実感します。
これからも大切にしていきたいと思います。





クラリチン
花粉症の薬です。

昨年、一昨年と同じですが、

今年は2週間前から飲んでいます。(1日1回)

昨日で無くなったので、30日分処方されました。

グシュグシュする前から飲んでいると、

いい様です。


シーズンはこれからです。


ちなみに私は3年前からの、この世界では駆け出しです。


たい焼き
麻布十番「浪速屋総本店」のたい焼き。

外はカリッと、中の餡子はぎっしり。

土日は予約(30分後に何個とか・・・)しないと買えませんが、平日は。

ここのたい焼き食したら、他はチョット・・・(まぁ好みもあるから)。

いつ食べても美味しい、特に「焼き魚定食」かなんか、ランチ食べた日のおやつに。






本
面白いミステリーです!!
あっという間に読んでしまいます。

この手の本は最近読んでなかったのですが、
どんどん入っていきました。

XОジャン焼きソバ
作ってみました。
セロリとピーマンと玉葱と少々の豚肉、
基本は塩味。

エックス
香港ペニンシュラホテルのXOジャンが最大の決め手。
これ入れると大概は美味しくなるそうです。

自分で言うのも何ですが、旨いです。

「横綱」、基本・見本・お手本。

引退かなんか知らないけど、高砂親方(元朝潮)って大丈夫?

昨今、「親方教育」した方が・・・・・

そこいくと「白鵬」って素晴らしい、

だけど親方は外国人の武蔵丸だよ。

理事など年齢どころか、国籍も関係なく選んだら。



バルセロナの快進撃が止まらない。


♪イニエスタ~シャビ~メッシ♪


美しいメロディーの如く流れるパスワーク、


華麗で速いサッカーは、目が釘付けになる。

観たい。

ご本尊と指針書
昨日は、弊社第16期経営指針発表会でした。

午前11時開会、1時間の短縮版、昼食会(お弁当)のあと閉会となりました。

まずは弊社にある、ご先祖様の仏壇に今期の経営指針書とご本尊を並べて祈ります。合掌。

指針風景
会場は、弊社のある自治会の町内会館を利用しました。

昨年新築した際に、弊社も寄付を出していますので今期は利用させていただきました。

こじんまりとはしていますが、大変使い易く、明るい場所でした。

会場風景
大変お忙しい中、数多くの来賓の方々においでいただき、身の引き締まるようなお言葉を頂戴いたしました。

さあ、提案⇒実践⇒検証⇒再度実践 PDCAサイクルの短縮を目指しましょう!!!

目的は、「皆で幸せになる」です。

ご来賓の方々、本当にありがとうございました。

お札
昨日は、川崎大師にて節分の厄除け供養をしてきました。

年男(48歳)ということで、あらかじめ知り合いの寺院のご住職にお願いして予約してもらいました。

本堂に上がって護摩を焚いていただきました。


節分
その後控え室に戻り、お屠蘇をいただき、記念の品々を頂戴しました。

「南無大師遍照金剛・・・」

ご利益がありそうです。

ありがとうございました。



節分、立春の前日。

暦では春。

2月には「雨水」という季節がある、それまでを「立春」と呼ぶ。


しかしながら毎年、この時期が最も冷える。

冷蔵庫の中のように。


‘鬼は外、福は内’

食べる豆の数、子供の頃のが断然多かった気がします。

というか、近年食べていませんね。





昨夜の雪は、あっという間に都心を覆った。

夜中も深々と降り注いで、朝は大変なことになると思っていたが、

結局夜半に止み、さほどの雪は残らなかった。


都内の雪は2年ぶりということだ。


雪というのは見ていると、寂しさと嬉しさが混じり合ったものだと思う。

子ははしゃぎ、親はその後を考えると憂鬱になる。

切なさに砕けそうな人もいれば、ゲレンデを想像している人もいる。


ともあれ、雪は人の気持ちまで真っ白に戻してくれて、

新しい気持ちにさせてくれます。

いい雪でした。




水口

今日2月1日は、株式会社 水口 第16期のスタートです。

新規一転、‘原点回帰’です!

私も社員も、思いはたくさんありますが、

今期は「やりきる」を実践するのみです!




ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!