FC2ブログ
2009 / 03
≪ 2009 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2009 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こう呼んだ方が相応しいだろう。
本当は「社員教育委員会」と呼ばれている。
「実行委員会」は2ヶ月に1度のペースで行なわれているが、時短を目指しているため、月末第4金曜日の19時開始、平均的な終了時間は20時20分。
どの同友会行事よりも短くしている。
社長の集まりです、時給に換算したら大変です。
「社業優先」がモットーです。
但し連絡だけは下さいと言ってあります。

現在、新しい「社員研修会」を考案中。
幹部対象のもの。
対象が幹部なので、こちらもかなりデリケート。
今年前半で煮詰めて、モニター研修やって、来年本番、みたいな感じです。
連続講座で開催を考えているので、規模も少数精鋭の方向。
もちろん、自分の会社のためにもなるよう、真剣です。
そう、我々10名ほどの実行委員、皆社員教育には相当に時間とお金を投資しているメンバー。
不思議と集まるんだね、そういう人たちが。
志、半端じゃない。
だから、当然いいもの出来る。
いいものには、会員企業も反応する。
社員のモチベ上がる、成長する、業績にも反映する。
言うこと無し!!!





スポンサーサイト

23回目の結婚記念日です。皇苑
横浜ロイヤルパークホテル68階の中華「皇苑」へ。
ここのランチは6年位前に妻と、今日は2度目です。
前菜
まずは御祝前菜盛り合わせ。肉料理
北京ダックと海鮮包み揚げを少々いただいたあとの一品、「牛肉と新筍のオイスターソース炒め」。
他でも良く似たものをいただくが、ここのは絶品。
芝エビ
「芝海老の二種ソース仕立て」って何だろう?と思ったら、①マンゴーとマヨネーズのソース、②チリソースの二種でした。マンゴーソ-スは初味覚。
魚料理
「白身魚の葱・生姜蒸し、特性醤油ソースがけ」の特性醤油ソースは繊細な和のテイストでした。あんかけ
〆は、「皇苑自慢の海鮮入りあんかけ炒飯」を食して、お腹一杯のところに、「桃饅頭とミルクプリン」はさすがに・・・・・
この店は、初めて仲人を努めた新郎新婦を婚約時代に誘って食事をしたところ。
ハタマタ、末の弟が結婚する前に両家の家族を紹介した場所・・・でも3年後に別れちゃいましたが。

もう一品あるのですが(超旨いスープ)、写真で見ると、以前フレンチで出会った「野いちごのスープ」と色が全く被る「蟹肉と蟹卵入りフカヒレスープ」は、本日一番の芸術作品だったような気がします。
スープ
折角だから掲載しておきます。


昨夜、横浜で同友会の委員会会議のあと、仲間と三人で居酒屋を探したところ・・・
年度末の金曜日?、送別会?、午後9時になろうとしているのにもかかわらず、横浜駅西口周辺どこの居酒屋も満席、おまけに待ち客が多数。
仕方なく川沿いを歩く、おでん屋が一軒だけ3人が座れそう。おでん
博多訛りのおばちゃんが一人で切り盛り。
ジャガイモ、竹輪ぶ、ウインナー、大根、お代わりでこんにゃく。
ビールに、熱燗をコップ酒で2杯ずつ。
話題は専ら社員教育の話でした。(相模原のH社長&横浜のO社長、ありがとうございました)
どこの屋台も客で一杯でしたが、この店はお父さんのしんみりトーク専門店だったね。


私は2つの会社の経営者をさせてもらっています。
1つは株主も多数おり、役員も複数います。(異業種交流会の仲間が立ち上げた介護の会社)
私を含めて、役員が4人いますが、皆もう一つ会社を経営しています。(当たり前の話ですが)
皆で経営している会社の会議で、もう一つの会社のことを指して、「うちの会社」という言い方をします。私はしません。
社員のいる前でも平気でします。
社員が聞いたらどう思うでしょうか?
「うちの会社って何?」
そうです、両方とも「うちの会社」と思ってないから、その発言になるのです。
働いている社員は、???って感じですよね。
二つの会社を経営することは、すごく大変です。
でも、やり切ります。
2つの会社は共通点がたくさんあります。
意味のあることです。
幸い、いい相乗効果ももたらし始めています。
1社では気づかなかった問題点や、逆にもう一つの会社をみることによってわかった良さだとか。

私は本当に恵まれています。
良いチャンスをたくさんいただいています。
感謝です。



日本代表が素晴らしい戦いの末、見事な2連覇を達成しました。
おめでとうございます。
しかし、韓国との正に死闘、敵ながら韓国の戦いぶりにも、*あっぱれ!!*
韓国の野球の歴史はまだ浅く、選手層から見ても、日本からは劣る戦力です。
がしかし、今日の決勝は勿論のこと、今大会の戦いぶりは見事の一言。
私は、韓国代表の選手たちに惜しみない拍手を送りたいと思います。
特に今日の試合の後半の粘りは素晴らしかった。
価値ある準優勝です、次回は更にグレードアップしてくること間違いなしです。

それにしても、本日のヒーローは「岩隈投手」です。
彼が序盤から中盤にかけて、韓国打線を封じ込めたのが勝因です。
私の中では、МVPです。

本
お彼岸中ということで、ご紹介です。
「仏教が教える こころが 穏やかになる話」~今日の幸福を考える27講~
私には、大変役立っている一冊です。
その一部を、そのままご紹介します。
こんな時代、不安がいっぱい。少しでも楽になりたい。
「恐怖」と「不安」の違い、恐怖にははっきり、恐れたり、怯えたりする対象があります。
獰猛な犬の前で恐怖を感じるのは、その犬がいるからです。犬がいなくなれば恐怖はなくなる。
あるいは、犬が繋がれていることがわかれば、怖くなくなるし、子供なら父親が「大丈夫だよ」とそっと手を握ってやるだけで恐怖から解放されます。
つまり、恐怖は対象をどうにか処理してしまえば、また、対象への心構えによって克服できるのです。
ところが、不安にははっきりとした対象がない。何が不安かわからないのが不安なのです。
(中略)
では、不安を取り除くにはどうすればいいかといえば、あきらめることです。
あきらめるといっても「ギブアップする」こととは違う。
「明らめる(=明らかにする)」という意味です。
何が怖いかを明らかにすると、不安は克服できるのです。
また、人に何が怖いかを「言い当てられた」、言い当てられた状況は乗り越えることが出来るというのです。

とまぁこんな感じのことが、27講書かれている本です。

私は以前、大変心が荒んでいて、言葉も荒々しく、直ぐにカチンときていました。
(家族に言わせると、家では今でもそうらしいのですが)
仏教心を一つずつ、心の闇に積んでいく作業をしはじめた時から、随分と楽になりました。
不安がないという訳ではありませんが、不安と向き合うことが出来るようになったのでしょうか?

他人様が自分に放った、心無い言葉にも、直ぐには反応せず、心の中で噛み締めることも出来る場合も、多くなってきました。
今ここで、再び書き示すことによって、改めて自戒し、常に心穏やかに生きていく道を目指したいと思います。


春彼岸、いつものようにお寺の本堂にて、檀家様の受付を担当します。
不思議なもので、毎年やっていると顔と名前が一致します。
当然、弊社でお墓を立てていただいた方も大勢いらっしゃいます。
また、新規のお話や、リフォーム、メンテナンス工事等の仕事が入るときもあります。
弊社にとっては、秋彼岸やお盆と並んで大切な時期です。
17日~23日が春彼岸です。
今日はお中日なので、たくさんのお参りがありました。
お墓参りは、心が落ち着きます。
この習慣は、代々伝えていきたいと思います。
先祖がいなかったら、私たちはこの世に姓を受けていないのです。
このご先祖様との「縁」は、お墓でしか繋がらないのです。
「お墓」って、本当に素晴らしいですね!

貴方の家のお墓、そろそろ綺麗にリフォームしませんか?





卒業式シーズンである。
小学校、中学校、高校と卒業式に出席した。(大学は中退なので出席していない)
小学校の卒業式は、教師との別れだろう。
クラスメイトの殆どが、地元の中学校へ通うため、友人たちとの別れは生じなかった。
中学校の卒業式は思い思いの感情が出る。
式典のあと、教室に戻り、担任の最後の話を聞きながら、好きな女の子の顔をずっと見ていた。
学校の敷地から一歩外に出た瞬間、もう明日からこの門を潜る事はないんだと思い、急に寂しくなった思い出がある。
高校へ行くと、これまで全く異なる環境で生きてきた仲間と出会い、ぶつかり合い、慰めあい、時には大人の恋を体験し、複雑な気持ちをいつも抱えていただけに、卒業という仲間との別れが、妙に心にズシリときた。
その先の進路は人それぞれ、大人になる覚悟をしなければならなかった。

そして今日もまた、様々な若者が様々な気持ちを携えて、「卒業」していくのである。


31歳の青年(企業経営者、正しくは専務)に、人生相談に近いものを受けた。
今、自分が何を優先的にすべきかを判断できないのが、彼の相談だった。
31歳、迷って何も不思議ない。
私の同時期は、もっと子供だったかもしれない。

今の私から見れば、「お前は甘い」と判断するしかない。
しかしながら、何故ダメかということを説明するより、こうしたら出来る環境になるということを話した。
そしてそれは、私自身の経験と現在の実践を交えながら伝えた。

結局、これしかない。
人の例をあげて、ああだこうだと言ったところで、それが何にもならないことは、百も承知だ。
十分語り合った、他の人間とも、もっと語り合えばいい。
そして、行動し、やり切ろう!


昨夜は、23年間連れ添っている家内の誕生日を、夫婦だけで祝った。
恵比寿フレンチレストラン「モナリザ」。
シャンパン
まずはシャンパンで乾杯!アワビと伊勢海老
一つ目の前菜のあとに戴いた二皿目は、「アワビと伊勢海老のアスピック、カリフラワークリームソースがけ」。これは家内の一押しでした。

椎茸と筍
続いて、「椎茸と筍のデュクセル、生ハムのタルト仕立て」。
口の中で春が来ました。鮮魚と野菜のブイヤベース風
宮崎地鶏

魚のメインは、「鮮魚と野菜のブイヤベース風」。
肉のメイン、家内は牛フィレ、私のは、「宮崎地鶏ミンチ肉のマカロニ詰めロースト」。
オーナーシェフが宮崎出身だそうです。

この間に、酒のあまり飲めない家内の代わりに、白ワイン2杯、赤ワイン2杯を戴く。野いちごのスープ
「野いちごのスープ」、口直しだがこれは絶品!

このあと、家内はヨーグルト、私はチーズを食し、デザートで〆。

年に一度の贅沢なフレンチディナー(男同士の飲み代に比べれば、たまには。)で、ゆっくりと多くの話をしました。家内も珍しく、たくさん食べていました。
弱いのに、すきっ腹でシャンパンを飲み、最後は欠伸を連発している彼女がとても可愛く感じました。
恵比寿モナリザ
最後はオーナーシェフに見送られ、店の前での2ショット写真まで撮っていただきました。
久しぶりに二人だけの夜を満喫した誕生日でした。

「何故、平尾誠二なのか?」、「主旨が違ってきているのでは?」。
これは、昨日行なわれた、同友会理事会での、とある理事の発言集らしい。

何故...らしい...のかというと、私はその前に開催された常任理事会(16:30~18:00)には出席したが、19時からお寺の世話人会があったため、あとの理事会には欠席した。
しかしながら理事会発言なので、隠すことなど出来るわけもなく(誰も隠そうとはしていないだろうが)、私の耳にもしっかりと伝わったのだ。

この会に参加した方々以外は、冒頭の文章では何が何だかわからなくて当然だ。

つまりこの会で年一で開催される「共育講演会」の講演者をめぐっての賛否なのだ。
冒頭の発言は、私たち「提案者&実行部隊」に、共育の考え方を変えろ!!と仰っているのだろう。
全くもって、素晴らしい意見としかいいようがない。

常識をわきまえた方たちが改めて、更に「意」を強くして集い、ポジティブシンキングの集大成で任期を全うしたい。


弊社は仏壇ショールームを併設している。
以前、叔父の会社を「営業譲渡」した際に借り受けて、様々な展開の後、現在に至っている。
私は余り顔を出さないが、弊社の社員が時々その周辺で、嫌な思いをしているらしいのです。
誰からとは書けないが、非常に憤りを感じている。
代表者は私です、何か文句があるのなら、正々堂々と仰っていただきたい。
「正論」でいきましょう!

バランスが悪いのだと思います。
だから、汚い言葉を弱い立場の人間に吐けるのです。
そういう人は、自分に不利が生じると決まって他人のせいにしたがります。
バランスが悪い人は皆そうです、勘違いしていると思います。
だからせめて弊社社員やその家族だけでも、「他人のふり見て我がふり直せ」です。


最近は余りやらないようにはしている。(中年になってカラダの中身を気にするようになった)
昨日は、同友会の幹事会。
最後は4人、場末?のスナックで歌いまくる。
最後の最後、3人で〆のラーメン。
スナックから近いところではなく、寒さを凌いで歩いた甲斐があった。
ラーメン
新丸子「喜輪」。
家系風豚骨ラーメンだが、スープはコクがありそしてサッパリ。
麺は中太ストレート。
ネギラーメン+味玉=800円。
川崎で久しぶりに、はまるラーメンに遭遇した。



昨日、2ヶ月に1度の○レボが開かれた。
今回は7名という寂しい参加者だったが、西麻布「くろさわ」では、熱い語り合いになった。
我々は仲間だ。
仲間とは本人の前で堂々と意見を言う、これ鉄則です。
最近は毎回土曜日に開催されているが、次回(4月末頃)は是非、時には平日の夜に開催してみたらどうか?
土曜日に参加しにくいメンバーもいるので、その辺はお互いに。
居酒屋の個室でも押さえて、経営者の有り方についてなど、こういう時期だからこそ、この会でしか出来ない議論をしてみたい。
それこそが、この会の本来の目的ではないだろうか?
徹底的に議論できる仲間と、年に数回は大いに「お遊び」をしようではないか。

以上は、あくまでも私個人の考えで強制力などありません。
本音の仲間と付き合っていきたい。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。