FC2ブログ
2008 / 12
≪ 2008 / 11   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2009 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎年決まってやることは、11時開店の近所の蕎麦屋「松風」へ家族4人で行くことです。
勿論今年も。
私&家内&次女は天ぷらそば、長女は何故か親子丼(上)。
私たちはいつもは天せいろか鴨せいろなのですが、今日の朝は寒かったので。(店内も寒かったので)
何でもない日常です。

来年もこのブログは何でもない日常を中心に進めていきます。
「何でもない日常」って、実は凄く幸せなことだと思います。


今年一年、私を支えてくれた家族や社員達、そして友人知人の皆様。
全ての方々が水口のサポーターです、ありがとうございました。感謝致します。
来年もどうぞ、どうぞ、どうぞ、宜しくおねがい致します。

スポンサーサイト

忘年会が開催されました。
発起から一年、この度正式な会として発足。
忘年会のイベントとして企画されたボーリング大会で、空気を読まずに、
第1ゲーム:152 第2ゲーム:225 トータル:377 という脅威のハイスコア?で優勝してしまいました。全く申し訳ない。(自慢に聞こえたら更に申し訳ない)
特に第2ゲームは「レーン」と一体化しました。

皆さん、一年間様々な場面で、本当にありがとうございました。感謝いたします。
来年も宜しくお願いいたします。

それにしても「隠れた名店」の魚、酒、最高でしたね。



意外にも競馬やるんです。
キャリアだけは長いです。
結構詳しいですよ。
今年最後のG1レース、やられましたねぇ~。
よくあるんですよ、ああいうケース。

こう見えても結構強いんですよ、目的がハッキリしているとき。
長女が大学入学の時、パソコンが欲しいってねだられて、15万のパソコン買ってあげました。
たまには高級中華が食べたいって家族全員に言われ、万馬券当てたり。
欲しかったカシミヤのキャメルのコート(21万)も万馬券。
今年、皆で韓国行きたいねって話していたら(秋頃)、秋初戦で万馬券当てて、結局12月初旬にカミサンとグルメツアーへ(子供たちは用事があり、お土産で消化)。
しかし、今年はその後がサッパリ。G1一つも取れず...

やりますよ!1月4日の金杯から。

2008年も間もなく数日で終わろうとしています。
今年も色んなことがありました。
色んなことがあるのが会社であり、人間であり、生きているということです。
自分の名前が付いている会社ですから、正に公になっているのです。
いいこともわるいことも。
「水口」は、祖父~父~叔父へと渡り歩き、形は様々に変化しながら、今は自分がそれを引き継いでいます。祖父も父も叔父も、今は皆故人となっています。
責任は重いです。時々重荷になります(初めて言ったかも)。

でもこれからも「変化」します。
「変化」は「成長」です。
奇しくも来年1月、合衆国では大統領が変わります。
オバマとは同じ歳です(比べても笑われますが)。

{株式会社 水口}、来年のキャッチフレーズは、
3C(chance・challenge・change)です。




髪の毛切って遅くなった帰宅なのに、家族全員で晩飯食わずに待っていてくれました。
「わざわざ待っててくれたんだぁ」って言ったら、単にお腹が空かなかっただけという返答でした。
がしかし、我が家の家族は照れ隠しが趣味なので。

皆で七面鳥食って、最後は自家製のティラミスをいただきました。

サンタクロース
10年来のサンタクロースが見守る中で。

銀座のジュエリー「ミキモト」で、ジュエリーには目もくれず、3階のカフェへ。
ここは有名パティシエのデザートが楽しめる。紅玉
私が注文したのは、クレープで紅玉(林檎)を包み込んで、上から林檎のソースをかけたものに紅茶のアイスを添えて。
こんな美味しいものを作ってしまうパティシエに感謝。

Christmasイブイブということで街はカップルだらけ。
という私もカミサン連れ。
ちなみにカミサン注文の一品。
カミサンの
これ何だったっけ、旨かったけど忘れました。

帰りは有楽町から浜松町まで歩いて散歩。(今日は締めて3時間程歩きました)
夕食(家鍋)の材料買って帰りました。


先日、ある社員のところに二人目の子供が誕生した。
女の子だ。
私と専務は娘二人ずつ、①女二人、男一人 ②女一人、男一人 ③男一人 ④女一人
これが弊社の子供がいるところの構成である。
女が多い。
女が強い。

大切だと思います。
小さいことで持ち出したくはありません。
人に頭を下げることなど、何ともありません。
時に、例えそれが、自分が悪くなかった事としても。
プライドとはそのレベルの事ではないはずです。

人間は弱いものでもあります。
でも、いいじゃないですか。
弱さは時に大切です、人を優しくさせます。
勿論、強さも持ち合わせます。
でも、強さは見せるものではなく心の奥底に持つものだと、私は思います。





♪あんな時代もあったねと、いつか笑って話せるわ。だから、今日はくよくよしないで、今日の風に吹かれましょう♪

中島みゆきも歌ってたました。


♪まわるまわるよ時代はまわる...♪



カラオケが結構好きだ。
毎回歌う訳ではないが、歌いだすと止まらない口だ。
しかし最近の歌はしんどくなった。
キーが高すぎて続かない。
そこへいくと、昔の歌謡曲やフォークはいい。
あんまり頑張らなくても歌える。
カラオケは同世代に限る。
同世代じゃないと盛り上がらない。
がしかし、同世代でも最新曲を手の内に入れている奴もいる。
飲み屋で若いオネーチャンに、「うまーい!」とか、「あれも歌ってぇ~!」なんて言われているのを見ると、チョット負けた気がする。
でも最新は歌えないし、もう無理です。
だから同世代や少し上の世代の方たちとのカラオケは最高です。
30代までは最新派だったのに。
昨日もジュリー歌いました。

「個性の時代」なんて時代もあったが、今はどうなのか?
人間は自分の個性に気がつくまでに、かなりの時間と労力を費やす。
気がついた時には、その「個性」を発揮できない状況下にあったりする。Tシャツ
という事で、本社社員限定で申し訳ないが、このTシャツをクリスマスプレゼントにしました。
次回本当のオリジナルTシャツを作った際は全社員に!(待っててね)

2泊3日で行って来ました。
以下大雑把に列挙。
サムゲタン
まずはサムゲタン、何と一人前800円。塩ベースのスープにあらゆる韓国食材が入って、身体にいいものばかり。中からもち米が溢れ出て、鶏はこれでもかの軟らかさ。キムチ&カクテキはサービス。締めの自家製麺
続いては、焼肉屋です。
個人的には、塩ロースと味付けカルビは納得。
しかし何といっても、締めの自家製麺。
牛肉と牛骨を10日も煮込んだスープに、多量の唐辛子とにんにくを。
最後に春菊と自家製麺を入れて完成、しびれる旨さとはこの事か!韓定食
お次は「韓定食」、健康な身体が欲しい人はこれを食うべし。
こんなにたくさんの野菜や豆を食べるから、胃がもたれない。
十穀米もいい。海鮮鍋
そして海鮮鍋。
ホタテ、ミル貝、エビ、渡り蟹(味付け生も食しました)、イカ、その他たくさんの野菜。
唐辛子とコチジャンの利いたスープで。生だこ
煮詰まってきた瞬間に、生だこ投入。
かなりグロテスクだが、食べれば納得。
勿論締めはラーメンで。

元気一杯になって帰国しました。
韓国に住んでもいかな。


「のんびり暮らしたい」。誰でも時には思うことであろう。
しかしながら、そうするには様々な「欲望」や「慣習」といったものを捨て去らなければならない。
独り者ならまだしも、私の様な家族持ちには到底無理な話だ。
と、ここまで書いただけで「矛盾」は発生している。
「のんびり暮らす」とは、そういったことではないはずなのだ。
しかし、結局は幾多の要素が絡み合い、「のんびり暮らす」=「上昇欲を捨てた人生」みたいな結論に行き着くのか。

私を含め、人はどこまで欲深いのだろう。

「のんびり暮らしたい」も、ある種の「欲望」なのだ。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。