FC2ブログ
2008 / 09
≪ 2008 / 08   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2008 / 10 ≫

「野口莉英子&和枝ファミリー秋を歌う」に触れました。
ジャパウイン株主総会の懇親会に招き、演奏&歌唱していただきました。

・里の秋・故郷・小さい秋みつけた・赤とんぼ・もみじ・夕焼小焼など、いつしか唄わなくなった唄ですが、大きな声で唄ってみました。
何故か懐かしい風景が頭をよぎり、心の中が暖かくなりました。
中学3年生の莉英子ちゃんの素直な笑顔と澄んだ歌声に、皆が癒された一夜でした。

スポンサーサイト



9月~10月にかけて、グループホーム研修を受講している。
一昨年からの3年間で、グループホームを運営する会社の経営者なら一度は受けなければならない。
全部で3日間あるが、今日は2回目。実際のグループホームで現場研修。
あと1日の研修を受ければ修了書がもらえるが、最後にレポート提出がある。
「認知症の人」のニーズにあったもの、それを満たすホームが理想のホームであり、
そこは正に「家」でなければならない。
「老いる」ことは、決して恥ずかしいことではない。
一生懸命生きてきた方々に対して、尊ぶ気持ちで接していきたい。
今回の研修で感じたことでした。


船
お彼岸も終わり、久しぶりの休日。
6時半に家を出て、朝から横須賀の海へ。
まずはシュノーケリング、あつらえたばかりのウェットに身を包み、数時間の練習。
前回よりはかなりスムーズに。
午後からはクルージング、三崎へ向かい、遅い昼食。
魚屋兼食堂で海の幸を堪能。
クタクタで18時帰宅、夜は爆睡。

*写真は我らの「遊友丸」

カツ丼
今日は彼岸の入り、お寺のお手伝いが始まりました。
今日のお昼は、カツ丼。
京急川崎駅を市役所方面に歩いて2分、ドトールの並び。
豚カツの「喜多八」のカツ丼、食するのは2度目。
1度目ですっかりファンになった一品。味、ボリューム、卵の絡み具合、肉汁など、どれをとっても絶品です。
小皿、新香、味噌汁がついて、850円。
ご馳走になりました。


最近、社員に怒ってばかりのような。
以前、同友会の報告の時、
「社員には叱るのです、感情で怒ってはいけない」などと偉そうに言った覚えがあります。
そんなレジメも作りました。

会社は社長の器以上にはならないのです。
気づいただけまだマシか?

今の自分は本当に恥ずかしい。
心と頭を整理して、再スタート!
丁度明日からお彼岸です、20日~26日は菩提寺の本堂でお手伝い。
毎日ご本尊様に見守られて、心の中の貧しさを洗い流していただきましょう!
合掌。

予備選
自由民主党総裁選挙。
三笠フーズによる「汚染米」事件。

大事なことを優先して。

街頭の5人を見ていると、名前が書けなくなります。

涙の
元カリスマ塾講師の木下先生が書いた本です。
出張の時、空港で買いました。
飛行機の中で、何度も泣きました。
どうかと思いましたが、この本を読んで、自分は涙を流せる人間で良かったと思いました。
歳を取って涙腺がゆるくなったのも確かです。

五日市さんも推薦しています。

機内食
中国の国内線の機内食。
写りが今一だけど、いかにもでしょ?
アルミ箔の入れ物に、右に肉と茄子のあんかけ炒め、中央に固めの白米、左に野菜を炒めたやつ。
後方に見えるは、パン一個(毎度付きます)。
勿論、毎回完食です。
たまにですが、白米の中に卵の殻の欠片が混じっています。(卵料理など無いのに?)
*中国南方航空機内食より(北京→長春)
本日より長春出張へ~13日夜帰国

テレビの話です。
10代~20代の女性が選ぶ「ファミレスベスト10」の堂々第1位は、「サイゼリヤ」でした。
私も一度だけ入店したことがありますが、決して口にあったとは言いがたい味でした。
しかし人気の「ミラノ風ドリア」は、299円ですから。
2位は「ガスト」、3位は「デニーズ」でした。

最近はあまり行かなくなりましたが、「ロイヤルホスト」のコスモドリアはよく食べた記憶があります。



中村俊輔の「察知力」を読んだ。
最近、仕事で取引先(お客様企業)やその周辺の関係者全てに迷惑をかけた。
その責任は全て経営者の私にあり、他に理由はない。
そう、私は「察知力」を十分に持ち合わせていなかったのだ。
いや、持っていたのかもしれない力を、生かしきれていなかった。

私はとある異業種交流会で、「社員教育」という部門の「長」を努めさせてもらっている。
しかしながら、自社の社員の「教育」、自分を含めた「共育」が未達である。
これを達成せずして、「理念経営」など程遠く、社会貢献など夢物語なのだ。

今回の経験を何十倍にも生かし、ご迷惑をおかけした方々に恩返しができるよう、
結果に拘りながら経営を考えて邁進したいと感じた。


本日のお昼は新明治さん(仕出し弁当屋さん)のお弁当。新明治
チーズ入りロース豚カツ、銀鮭の塩焼き、竹輪の甘辛煮、黒ゴマ豆腐煮、春雨と牛肉のあえもの他、
ご飯は基本的に半分にして、パートさんに頼んで、若い社員へあげています。
これは得弁当で500円也、普通弁当は400円です。安いと思います。
味は太鼓判が押せます。

犬も食わないとよく言いますが、もちろん我が家のも食いません。
私の会社は「お墓・仏壇」の事業部の他に、「人材派遣」の事業部があります。
IT技術者の特定派遣です。
最近、就業規則や給与規定の改定に手をつけていてそろそろ完成するのですが、
経理をやっている家内と家でもよく議論が行なわれます。
残業代の考え方や、管理の仕方、派遣先での就業状況の把握等々。

昨夜はヒートアップして(毎度ですが)、声も大きくなっていきました。
ある意味「喧嘩」みたいな。

ここのところ「それ」を毎晩聞かされている(隣の部屋で)次女(高校生)が、
{全く珍しいよね、夫婦喧嘩の会話の中に労働基準法とか出てくるの...}とポツリ。
いいとこ突いてくるなぁと感心しました。
次女はお馬鹿だと思っていたけど、そうでもねージャン!←木下優樹菜 風
(我が家は「馬鹿」「ブス」というお下品な言葉が行き交います)

その後は夫婦共、次女の台詞にうけてしまい話しになりませんでした。

今日9月1日は母の誕生日だ。
69歳になった。
思えば44歳の時、亭主(父)を亡くしてから四半世紀、遂に再婚しなかったなぁ~。
もっと自分を謳歌すれば良かったのに、出来ないし、やり方がわからないのだと思う。
とにかく健康でいてほしい、そのためにはもっと外へ出なければダメだ。あとは何も望まない。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!