FC2ブログ
2008 / 08
≪ 2008 / 07   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2008 / 09 ≫

貫き通してこそ、そこに存在の意義がある。
子供の頃から貫き通したことなど何もない。
がしかし、33歳の時に会社を持ってから、貫くことに意義を見出した。
「頑固」だとか「柔軟性」だとか...言葉はいい、何事も受け入れる。

今、色々なことを頼まれる。
仕事にならないこともたくさんある。
でも有難いと思う。
こんな私に、皆で立ち上げた大切な会社のトップを、もう3年目を迎える。
面倒だと思ったこともあったが、その立場になって教えられたことがたくさんある。
自分の会社以外に任されたトップ、でもそこにも社員がたくさんいるのだ。
区別などできない。

交流会の役も同じだ。
そこには事務局があり、皆働いているのだ。
間違っていることを見逃せない、見逃してはだめだ。
「正論」だけが考えではないが、弱きものだけに暴言を吐くものは許せない。
全うして、正しい引継ぎをして、役を終えたい。
去り際に神経を注ぎたい。

己を貫く強い姿勢は、周りにいる素晴らしい経営者にいつも学ばせてもらっている。
一人じゃない、本当に数多くの方にだ。
恵まれた環境だ。
もちろん、社員にも学んだ。
彼らは着実に成長している、だから余計にハードルも上がる。


暑い夏、頭の中の整理も必要だ。
その先のために。




スポンサーサイト



ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!