FC2ブログ
2007 / 04
≪ 2007 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2007 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怒ると疲れる。
面白くない顔になる。
笑顔で怒ることは難しい。だから怖い顔になる。
怒っている本人も、怒られている人も、周りで聞いている人も、皆不愉快な気持ちになる。
でも怒る時に怒らないと、後でとんでもないことになった時(そんなことってまずないと思うけど)、もっと怒らなければならなくなる。
だから怒っとこう!

会社で社員を怒る(叱る)。
気付かされる。
それって社長の器。
社員と一緒に、社長も成長しないと、会社は良くならない。
以前は、良くなったことが実感できたのに、あるレベルからは横ばいが続く。
社長のレベルが横ばいだからだ。
もっと成長しよう!

スポンサーサイト

先月13日に祖母が大往生をして、19~20日と通夜告別式をして、23~26日は新規事業(http://www.global-support.jp )の為、中国出張(安徽省合肥)、27日と28日はお墓の仕事(http://www.mizuguchi.co.jp)
で日本に居て、29~31日は再び中国(上海)へ。
そう言えば、一昨日「釈尊奉賛の夕べ」という催しに参加、お釈迦様の誕生日(8日)の前夜祭ともいえるもの。毎年、川崎グランドホテルで開かれています。そこでのいいお話しを一つ、世の中に一つだけ必ず当たることがある、それは「人の死」。人は必ずいつかは死にます。(お釈迦様は涅槃に入るという)それは事実であり、必ず起きることなのだ。
世の中にこれほど明確に決まって起こることは無い。
「死ぬ」のが決まっているのなら、それまでをどう「生きる」かだけだ。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。