FC2ブログ
2007 / 03
≪ 2007 / 02   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007 / 04 ≫

春のお彼岸を迎えました。
高校1年生で家業(現職)のアルバイトを始めてから、30年。
30回目の春彼岸を迎えました。
私たちは仏様の関係する仕事をやらせていただいております。
神や仏に誓って・・・
という言葉がありますが、決して仏に背くことなどしてはならないのだと思います。
大人になるまでは、時に誤った行動をとったかもしれません。
今は思います。
世間に照らし合わせて、間違ったことをしていないか?
社会的に見て、事を軽んじていないか?
理屈に合わないことをやってはいないか?

ましてや私は会社の経営者です。
社会的な責任も大きいのです。
社員とその家族の生活を第一に考えて、発言、行動を決めていかなければならないのです。

仏様は必ず見ていると思います。
私に近い仏、父方の祖父、今回亡くなった祖母、母方の祖父祖母、そして父、この仏様にいつも見られて生きているのだと思うのです。
私の結婚式の披露宴に主賓で参列していただいたご住職の言葉が、今でも忘れられません。
「拝む気持ちを持ちましょう。」
少し忘れがちになっている気持ちです。

これからも誰に見られていても、正しいと判断できることを「自らの行い」として、生きていきたいと強く思います。

明日18日の彼岸の入りを前にして。




スポンサーサイト



ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!