FC2ブログ
2006 / 07
≪ 2006 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2006 / 08 ≫

梅雨が終わらず雨の日が続いている。
雨も余りに続くと人の気持ちを憂鬱にさせる。
太陽が恋しい、あまり夏が好きでない私でもそう思う。
そして暫らく暑い太陽が続くと、またそれも辛いのだ。
わがままな物言いだ。
雨の唄:雨が泣いている/柳ジョージ&レイニーウッド、雨/森高千里、最後の雨/中西保志、はじまりはいつも雨/飛鳥涼、雨やどり/さだまさし、雨音はショパンの調べ/小林麻美.....





スポンサーサイト



ブログなんぞを書いている以上覚悟の上だが、常に不特定多数の方々がご覧になってらっしゃるのである。あの人もこの人もそして貴方も。意外な人が意外なくらい見ているのだ。ただ残念なのは皆コメントをくれないのだ。まあいい。
さて明日の早朝にはワールドカップの決勝が終わっている。それこそ世界中の不特定多数の人が様々な時間帯で噛り付いているのだ。
喜び方も悲しみ方も半端じゃない、不特定多数の感動だ。
僕は不特定多数の感動まではいらない。
普通の小さな感動がほしい、人の喜ぶ顔が見たい。感動。

人には諦められない想いがある。
本当にそんなことがあるのだろうかと思っていた、昔は。
大人として物事の道理はつくので、諦めて修正することは容易だ。
がしかし、大人とか子供とか、正しいとか正しくないとか(法に触れることは別)、普通だったら自分だったらとか、自分の中に例がないとか、全てを理解した上で想うのです。
人はその為に誠心誠意尽くすのです。

そこまでしても叶わない「想い」も、心の中では想い続けるでしょう。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!