FC2ブログ
2006 / 01
≪ 2005 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2006 / 02 ≫

随分と久しぶりに書いています。
実は先週の土曜日(21日)、そうあの大雪の日、藤沢の湘南台という所で朝から研修がありました。何か昼過ぎあたりからゾクゾク感が背中をウロウロしていたんですね。翌日お休みを頂いた日曜も終わって日付が月曜に変わる直前23時すぎから熱がグングンと上昇し(ホントにグングンとかガンガンっていう感じでした)、測ったら39.5度。
子供の頃からよく高熱を出していました。
21歳の時は「扁桃腺肥大症」で切除手術も受けています。
その時の41.7度(過去最高)に比べれば.......
しかし最近は4,5年出してなかった。
さすがに耐え切れず一人タクシーで五反田の関東病院へ(実はここで毎年ドッグへ入る、実は今年も来週入る)救急扱い。
一様インフルエンザの検査も、結果は陰性。
結局診断は予想通り「咽頭炎」。
元々弱い喉に風邪の菌が付いてそこからの熱、予防はうがいのみ。
外から帰ったら、「うがい・手洗い」。
外から帰らなくても、「うがい・手洗い」。
基本ですね。
丸二日は寝込みました。水曜から少しずつ仕事して、ようやくやや普通に近くなったところ。
アルコールもタバコも22日(土)を境に手をつけておりません。
そのうちアルコールは飲むでしょう。
そして何と私生涯初の「禁煙宣言」をしてしまいました!
それも律儀に家にて家族の前と、会社にて社員の前の二箇所で。
馬鹿か?私の周りのヘビーな方々、これからは一緒にお酒を飲む時はなるべく離れた席になりましょうね。

スポンサーサイト



その昔、株の売り買いに強い関心を持っていた頃があった。
時はバブルに上り詰めていくのと同時期だ。
私はまだ20代で資金もなく、おいそれと買いたい企業の株が買えなかった。
その後バブル絶頂期を迎え、そしてあっという間に崩壊。
つくづく「お金がなくて良かった」と思ったものだ。
今回の「ライブドア騒動」、何らかの結論が出てしまえば下がった株価も戻りまた上昇するだろう。しかし常に今回のようなことが起きるかもしれないという「不安」は残るだろう。
幸い今は株をやっていないので「不安」などないが、結局のところ「お金は仕事で稼ぎなさい」という神の思し召しか。
そう、我々は商売人なのだ。
自分で商売がやりたくて起業したのだから、やはり「お金は仕事で稼げばいいのです」そのために努力していかなければならないと強く感じている今日この頃です。

昨夜中国から来日している友人と酒を飲んだ。
親友である。
彼とは8年前にビジネスで知り合い、親交を深めていった。
二つ年下の41歳、昔日本に5年間留学していたので日本語は普通に話せるし、今も日本と取引のある会社を経営している社長だ。
日本人以上に浪花節な男だ。
いつもいつも私が渡中した時には暖かい接待をありがとう!
今年もまたお世話になります。


我が長女は今月から大学受験が始まる。
彼女にとっては中学受験以来のことである。
当時はまだ小学生だったので全てに母親が付きっ切りだったが、
今回の受験は全てに親が感知せず、やることと言えばお金を出すことくらい。当たり前と言えば当たり前か。
っていうか、彼女は5月で19歳になる。来年は成人式。マジでぇ~!
我々が育った時、世は高度成長期。
彼女の同じ時期、世は「リストラ、倒産、不良債権...」などの言葉が飛び交うころ。
ジェネレーション・ギャップあるはずです。





趣味と言えるかどうかだが、旅行が好きだ。
仕事やプライベートで国内外含めて色んな国と地方へ行った。
日本国内は、愛媛、高知、沖縄以外は全て行った。沖縄に行ってないのは意外だが、4~5年の間には全都道府県制覇が可能である。
海外は中国をはじめとして、韓国、ハワイ、グアム、シンガポール、フランス、イタリア、ドイツなどなど行ったが、今世界中で最も行きたい所が2ヶ所ある。一つはチェコで、もう一つはマダカスカル島である。
理由はまた今度。


会社内を禁煙にして一年が経過した。
全社員の喫煙率70%というスモーカー揃いの会社としては
クリーンな職場環境だ。
タバコの臭いがしない職場は快適である。

私個人としては、車も禁煙、家でもベランダ、というように喫煙場所を限っている。
休みの日などは一日5本程度まで減った。


タバコは嗜好品である。
マナーを守って楽しみたいと思う。


今日が新年の仕事始めでした。
毎年1月5日は、まずいつもの朝礼(8時半開始)、社内業務を経て午前10時ころ会社を出て車で10分の川崎大師へ初詣(社員全員)、参拝の後お決まりのだるまやさん(柏屋さん)で達磨を買って、東門前のみしまやで鴨なん蕎麦を食し(毎年予約を入れないと入れない)、午後は会社に戻って通常業務、夜は新年会。
超日本的な感覚なんでしょうね。



新年あけましておめでとうございます。
子供の頃の正月と変わりましたねぇ、過ごし方。
元旦の墓参りは父が亡くなって23年間ずっと続けています。

昔はコンビニも無いし、スーパーも3日過ぎまで開いてないし、街は静かでした。仕方がないので3日まではおせちとお餅の繰り返しでした。
何とか4日くらいになると、見かねた母がカレーライスなどを作ってくれました。
カウントダウンも無かったし、精々明治神宮に行った帰りに近くの喫茶店で高いコーヒー飲んで朝まで夜更かしが大人になったつもりでした。
いい思い出。でもだから思い出。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!