FC2ブログ
2005 / 12
≪ 2005 / 11   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和で数えると?今年は昭和80年であった。
1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終わってから、
今年で60年が経過した。
勿論、私は戦後10数年後に生まれた、紛れもない「戦争を知らない子供たち」である。
しかし今この時も、世界の何処かでは戦闘が行われ、尊い命が奪われているかもしれないのだ。
私に直接何ができるわけでもない、でも間接的には何か一つくらい行動できることがあるかもしれない。
この節目となる年の大晦日に「平和」や「戦争」について考えながら、
来たるべく新しい年を迎えたいと思います。


スポンサーサイト

最近心がけていること、それは美味しいものを少々いただく生活。
とは言えなかなかできる事ではない。
ただやたらに満腹にすればよいという事ではなく、色々なものを少しず
ついただくという意味である。
食べ過ぎない、飲みすぎない。
さて、これから数日間が一番難しい時期なのではないだろうか。
貴方はお雑煮にお餅を幾つ入れますか?

本日、仕事納めです。
と言っても私自身は30日にも出社しますが...
昨夜は社員さんやパートの皆さん(ゲスト1名)と「忘年会」をやりました。一年はホントに早いですね。
言い忘れましたが、24日~26日まで中国・大連に出張して参りました。
最低気温氷点下7度、最高気温1度という身体に悪い寒さでしたが、体調を崩した後でしたので過信せずに夜は早めに就寝して暴飲・暴食もかなり控えた結果、帰国する時には体調が戻っていました。
それでも昨夜は早速忘年会、今夜も引き続き忘年会があります。
自重自重。
さて、仕事納めといっても月が変わるだけで引き続き再開されるのが仕事です。
平成17年が平成18年に変わる以外他は何も変わりません。
ただ、少し気分を変えて行きましょう!

しかしながら今年のブログはまだ終わりません。



今週末、中国大連へ出張してきます。よりによってクリスマスをたっぷり挟んで。
過去に12月の海外出張は一度だけある。
10年ほど前に韓国へ行ったが、その時のソウルも凍えるような寒さだった。
今回の大連も氷点下間違いなしの寒さだろう。
11月にも中国へ出張したが、その時は行った先がアモイという台湾と同緯度の都市なので暖かかった。中国も広い。
年末に風邪っぴきじゃ話しにならないので、なるべくホテルの外に出ないように努めたいと思いますって、相手がある事なので。
ただ宿泊する大連フラマホテルの評判はすこぶる良いので。



株式市場が賑わいながら株価も徐々に(結構)上がっている。
景気がそこまでいいという実感をよそに。
片方で政府が着々と増税の最終準備段階に入っている。
こうして株価が上がっていると、国民の関心もそがれるのか?
新聞の一面記事にも「不況」という文字が消えた。
個人的には危惧している。
忘れてはいけない、これまでも似たような事は幾度もあった。
その度に損をするのは一般の人達。
「操作」している人達の多くは、いい線の直前で蓄財しているのだ。
我々は世の中を見る確かな目を養わなければならない。

若い頃飲まなかったなぁ~ブランデーなんか。

がぶがぶ飲むもんじゃないけど、いい酒を少々。

お酒の飲み方も大人にね。

少々.............

昨夜忘年会の二次会で六本木のお笑いパブ「ヒットパレード」へ行った。皆で腹を抱えて大笑いした。
年の最後を笑って過ごせるのは幸せなことだねと皆で話した。
ホントに幸せなことです。

日本女子柔道と言えば、田村亮子(柔ちゃん)だ。
そして柔ちゃんと言えば、48k級だ。
しかしその48k級に新星が現われた、先日行われた福岡国際女子柔道、田村亮子不在の大会で同級を制した「中村美里」若干16歳。
この子の表情がいい。
無駄な笑顔など一切なし、常に直向なポーカーフェイス。
坦々と試合をしている(ように見える)。
どんな強い選手でも、いつかは負ける時がくる。
田村亮子が敗れてオリンピックの代表になれない時、彼女を負かした相手には必ずや金メダルを取って欲しい、なので「中村美里」。
来年は「美里」ブームがやってくる。

貴きもの、人間のいのち

美しきもの、真實の愛

強きもの、無慾にして偽りなき心

年賀状の季節です。
しかし驚くのは手元にある「喪中のお知らせ」の葉書の数、
この一年で私の周りではこんなにたくさんの人の家族がお亡くなりになっているのです。
自分の年齢的なこともあり、同世代の親のご不幸が多いのにはびっくりです。
私の母は健在ですが、父は他界して23年になります。
生きていれば71歳です。(享年49歳)
私は来春44歳になります、あと5年で父を越えてしまいます。
当たり前とは言え複雑な気持ちです。
私の中の父はいつになっても父のままですが、遺影の父は永遠に老けないのです。
そんなことを思いながら、この一年にご他界された多くの方々に改めてご冥福を申し上げます。合掌。



人にはそれぞれ事情がある。
言える事情と言えない事情がある。
では誰にだったら言えるのか。
夫婦、親子、兄弟、親戚、恋人、愛人、先輩後輩、友人、知人.......
その相手との関係によって違うだろう。
知人レベルの場合、あまり深く追求しない方がいいだろう。
知らない方が良かったということも。
人は事情を抱えた時、生きる環境を変えたくなる傾向がある。
深入りしない分、詳しくはわからない。
今までも何人かの友人が事情を抱えて音信不通になった。
寂しいことである。
かと言って自分に何が出来るわけもない。

Xマスプレゼントを貰うなら靴ですね。
靴は幾つあってもいいね、特に革靴は。
でも近年Xマスプレゼントを貰ったことなどないです。

日中、無性にパスタが食べたくなった。
歩いて行ける所が良かったので品川「ウイング」内にある「ヴェント高輪店」に行った。
「小海老とアスパラバスのトマトクリームスパゲッティ」を頼んだ。
値段はやや高いが量も豊富だしお気に入りの店になるだろう。

リングイネ、フェトチーニ等々パスタなら何でも情報お待ちしています。(東京都内・横浜・川崎限定です)

全てが解明されることを願います。

世の中何を信じれば良いのでしょうか?



2年前の話だが出張でドイツに行った。
フランクフルト、アーヘン、ケルン、リューベック、ベルリン....色んな街に行ったが中でもハンブルグで食した「ハンバーグステーキ」発祥の地の元祖はボリューム満点のランチだった。
硬い肉にナイフを入れたら、下にはびっちりとフライドポテトが埋もれていた。
でも味はまあまあでした。
日本では食べれないのである意味懐かしい。

サザンオールスターズ。
デビューしてから20数年、メンバー不動で常に第一線。
カラオケで誰でも2つや3つは唄える。
ファン層もかなり広いし、男女の割合もほぼ均等。
桑田さんて凄い人だね。

☆ちなみに、私のサザンBEST10

    ①ミス・ブランニュー・デイ
    ②希望の轍
    ③LOVE AFFAIR
    ④真夏の果実
    ⑤逢いたくなった時、君はここにいない
    ⑥海
    ⑦勝手にシンドバッド
    ⑧YOU
    ⑨涙のキッス
    ⑩みんなのうた
    

胃の調子が優れない。
私にとってはあまりないことだ。
普段あまりないことが起きると少しだけ不安になる。
予定では来月末に恒例の「人間ドッグ」に入るが、
胃のことが少し気になるので近々医者に行こうと思う。
手帳を見て予定を立てようとする。
これがなかなか時間が合わない。
通常、町の開業医は午前9時~12時受付&午後3時(2時)~6時受付が一般的だ。
しかし私の一番ベストな時間帯は正午過ぎから午後2時&午後6時半以降、あるいは午前8時くらい。

当然合わせるのは私。
明日にでも早速、いや明後日中には必ず。


私には今年、「息子」ができた。
里子である。丁度一年経つ。
名前は「ラヤン・ジャン・ダリサイ」フィリピン在住である。
とても勤勉な小学2年生で、将来の夢は獣医になることだ。
時々手紙でやりとりするくらいだが、近い将来会いに行きたいと思う。
私の援助は彼が働くようになるまで続けられる(本人の意思で高校までの子も居れば大学や大学院という場合もある)。
写真も送られてくるが、人なつこそうな目をしている可愛い男の子だ。

遠い所に暮らしている「我が息子」の事も、このブログに度々登場させたいと思います。



私には二人の娘がいる。
18歳(高3)と13歳(中1)だ。
上の娘は年明けに大学受験が待ち構えている。無事合格すれば、いよいよ一般社会へ入る準備段階を迎える。
下の娘は今まさに楽しいことが発見される毎日を過ごしている。

いつの間にか二人とも「子供」と言い切れないように成長した。
特に男親の私と娘たちとでは共通の話題も少なくなり、自然と会話も無くなる。おまけに私が毎日遅い帰宅で食事を共にすることが少ない。
もし息子がいたらどうなのだろう?結婚する時、あれだけ娘が欲しかったのに。今でも娘の方が良かったんだと思っている。でも息子がいたら我が家の雰囲気も大きく変わっていることだろう。
これから先、二人の娘たちが結婚したり、子供を生んだりして、何十年先に皆で一緒に飯でも食った時に、今のこの感情を懐かしく思い出して
笑い合いたい。

ルーズな人とでも言うべきか、いいかげんな人が大嫌いである。
許容範囲というものを越える人がいる。
自分勝手で約束を守らず、自分の非は認めない人。
自分を大きく見せても、その実何もない人。
大きな車に乗ったり、大きな犬を連れて自分を強く見せようとする人。
度を越すとたまらない。

*大きな車や大きな犬はそれ自体その方の趣味である場合もあります。




12月に入り毎年恒例のお歳暮配りが始まる。
失礼して配送にさせていただいているところがほとんどです。
しかし暮れのご挨拶もそろそろ皆で一斉にやめないだろうか。
百貨店などの人にとっては問題があると思うが、普通の人にとっては
これほどくだらない習慣はない。
来月(即ち年があけたら)になると今度は年始の挨拶廻りが待っている。
年賀状もホントにご無沙汰の人にだけ出せばいいね。

ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。