FC2ブログ
2005 / 11
≪ 2005 / 10   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2005 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11年前に会社を設立して、それから急に「社長!」と呼ばれるようになって、気がついたら何時でも何処でもそう呼ばれている。
麻痺しているのかも。
所詮、(中小)零細企業の社長に過ぎない。
この事は現実として理解していないと、過剰な自信を間違えて持ってしまう。
経営者としての勉強など、最近(ここ2~3年)ようやく始めているようなもの。まだ殆ど積み重ねが出来ていないのである。
間違ってはいけない、様々な交流会で「役」など頂いてしまうと「勘違い」しそうになる。
皆さんそうは思っていないでしょうが、知らず知らずのうちに表面にでてしまうもの。そういう私も気をつけないと、「社長」・「勉強会」・「講師」・「役」・「人前での報告」・「チヤホヤ」.....あらためて考えてみたいものです。

スポンサーサイト

私は人のよけ方が下手だ。
駅などの場合、どちらが改札に向かう方で、どちらが改札からの方かがわからなくなる。
向かってくる人を上手くよけれないので時々立往生する。

運動神経は悪くないと思ってきたが、もしかするとそれは大きな勘違いだったのかもしれない。
同じホームの同じドアで同時刻に電車を降りたとしても、駅を出る時にはいい加減大きな差がついているのである。

人のよけ方上手い人、コツを教えて下さい!


何といっても「青汁」です。
ファンケルの冷凍が毎月25日に一ヶ月分(30袋)どっと送られてきます。
もう4年続いてますが、あれ程風邪を引きやすかった私がホントに引かなくなりました。(熱も出なくなった)
以前はすぐ40度近い熱が出たもんです。

ただ今でも毎回辛いですよ、口元に来た瞬間の何ともいえない匂い。
出張で持参できない時もありますが、一日2個飲みとかで凌いで月に30袋を完飲し続けております。
あとは「お茶うがい」とかですね。


セミナーの帰りに渋滞に遭った。

東京国際女子マラソンのため大森~品川方面が通行止め。

自宅まで一時間余計にかかった。

でも高橋尚子の復活優勝に協力?できた。

Qちゃんおめでとう!!!


葉山で一泊セミナーです。

年に2~3度は来ています。

景色は最高(海に富士山)。

飯も旨い。

施設はきれい。



...ただし、いつも徹夜。

今夜も徹夜。

3日間の出張から今夜帰国しました。
今回は福建省の恵安、泉州、福州です。
福州の街は訪れる度に車の数が増えています。

気候は沖縄と同じで暖かいので、肩こりが治りました。
いつもの様に恵安の工場で検品をしましたが、皆良く働いています。
年が明けて一ヶ月ほど経つと、中国では旧正月がやってきます。
中国全土で2億人ほどが大移動するらしいです。
工場の人は一年間でその時しか休まない人が多いそうです。
3週間くらいの休みを取るのですが、工場の三分の一の人の故郷は
電車もバスも通ってない場所で、尚且つ車の通れない道が多く、
皆、工場から歩いて(5~6日かけて)帰り、10日滞在してまた同じくらいかけて戻ってくるらしいのです。
ホントに頭が下がります。

私たちはなんて恵まれた環境で生きているのでしょう。
いつもいつも思うことです。

先日、都内のとあるお店に飲みに行ったら(女性のいるカウンターバー)→実はここで働いているバーテンダーは関東一のチャンピオンバーテンダーです。
バイトしている「M子ちゃん」がこのブログを見ているらしく、
色々と話してくれました。
ただそれだけの事でしたが嬉しいもんですね。
M子ちゃん!これからも楽しみにしていて下さい。

人間は必ず歳をとるものである(動物も)。
歳をとればどんな括弧の良い男も、どんな美形な女も
皆醜くなる。
腹が出て、髪が薄くなり、下半身の肉が取れなくなり、肌もくすむ。
忘れっぽくなり、怒りっぽくなり、涙もろくなり....転びやすくなる。

そう、街を歩く颯爽とした若者は(「若者」と言うこと自体オヤジ化している)私が若かったころ生まれた人たちなのだ。
人生の諸先輩たち(60代・70代の方々)に言わせれば、お前などまだ子供と同じだとおっしゃるでしょうが、でも確実に......もう止めましょう。

若いか若くないかは見た目ではないのです、
バイタリティ溢れる日々を過ごしていれば、いつまでも青年でいられるはずですよ、世の中年諸君!



シニア世代とは50代以上を言うらしい。
50代というとまだ若い気がするが、所謂シニア準備世代ということらしい。
これから迎える60、70代からの生活を考えて準備をしていく期間である。
弊社で運営しているシニアスペース「心・奏・館」も50代の方々から利用できるようになっているので是非、有効活用していただきたいものである。

今日、社員の結婚式に出席した。
主賓の挨拶を務めたが、最近そういう役を仰せつかることが増えた。
年を取った証拠だ。
最近の人は「仲人」を立てないケースが増えているが、かと言って披露宴は相変わらず多いしその内容も昔とあまり変わっていないように感じる。
私は3年前に40歳という若さで「仲人」を経験したが、あと2回できるだろうか?(仲人は3回やると良いと聞く)
晴れの席での挨拶はこれから何度も依頼されるだろう、聞いている人の心に残る「言葉」を一つ述べたいものだ。

JR大森駅から徒歩3分にある焼き鳥屋(赤提灯)、「鳥城」。
過去に行った焼き鳥屋の中で一番の店。
初めて行ったのはもう10年以上前になるが、ここ3年くらい良く行くようになった。
一人二本限定の「軟骨のたたき」、「軟骨」「牛串焼き」「はさみ」「カキの串焼き」(時期もの)などなど。
月~土で午前2時までの営業。

共同経営で行っている「介護福祉」の会社のグループホームが
このほど完成して、そのお披露目があった。
場所は京急三浦海岸駅から車で10分のところ。
「こもれび」という名に相応しく、小高い丘の上に陽の光を燦燦と浴びて悠然と立つ白い洋館です。
とてもグループホームとは思えない明るさが、利用する方の心をきっと癒すことでしょう。

一年のうちでどの位食すであろう「そば・うどん」。
高級な蕎麦屋から立ち食いまで。

会社のある川崎では、
達川(日航ホテル地下):カレー南蛮
増田や(砂子):鳥なんそば、もりそば
みしまや(東門前):鴨せいろ
大正庵(田島町):鴨せいろそば、もりそば
豊本庵(渡田向町):肉南蛮

鶴見の「登茂吉」、高いけど旨い。
せいろ&天ぷらそば(石臼でひいている)

蕎麦が食いたくなった!


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。