FC2ブログ
2005 / 07
≪ 2005 / 06   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2005 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いい大人がやってはいけない事の最たるもの。
自分はいつも携帯用灰皿を持参しているが、もし忘れたら外で吸わなければいいだけ。
正義感かざす訳じゃないけど、これだけはやるべきじゃないね。
でもまだまだ多い、歩きながらポイ、車の中からポイ、待ち合わせ場所でポイ、店に入る手前でわざわざポイ。モラルなさ過ぎ。


スポンサーサイト

うなぎを食いに行った。かの有名な「野田岩」ののれんわけ、「大森野田岩」だ。勿論特上のうな重、量は申し分ないが高い。うなぎの量が半端じゃないため、下のご飯に少し混ぜた「サンド」なるものが注文できる。それを食す。
たれは甘すぎ(濃すぎ)ないため、うなぎの味が満喫できる。
大森駅徒歩5分。

他には関内「徳川」、川崎「松直」。
「徳川」のうな玉は美味、うなぎを包んだたまご焼きです。
夏バテ防止に最高ですね!
うな重特上



7日、8日と2日間、幕張プリンスで開催された「中小企業家同友会全国協議会 定時総会」に出席してきた。「中小企業家同友会」とは{社長さん、遊んでばっかいないで勉強しなさいよ~}みたいな会です。私も会の中では様々なセミナーや研修会に出て、意外と真面目に勉強したりしてます。
その全国版ともいえるべき今回の2日間でした。
まあ「同友会」に関してはこれからチョクチョク登場した時に書きましょう!
昨日は夕方18時から<ジャパウイン>(仲間と立ち上げた介護福祉の会社の名前)の役員会が開かれました。丁度第一期が終わり、第二期初めての役員会でした。まだ役員が報酬を得られるほど利益を生み出してないのですが、徐々に上向きになってきているので(社員のモチベーション等)、前向きに行動していきたいと感じています。

*病気療養中の塚田君(社員)、早く良くなって復帰してください!
 でも焦っちゃ駄目だよ。何だか俺が焦らせてるみたいだね。


このタイトルを見て「インタビュ-&撮影」?と思われたでしょうが、それは当然の感想ですね。実はまだ発表出来ないんですが、秋頃に一つの商品の販売を開始しようと考えています。
この商品は当社及び、とあるIT関連の会社とのコラボレーションによるプロジェクトで出来上がっていくものなのです。
その準備段階としての「試作品」づくりの為にインタビュー&撮影が必要だったのです。
インタビュ-も撮影も受けるのは生まれてはじめてだった(子供の頃は芸能界に淡い憧れを描いていた時期も無くは無かったが)
ので緊張するかと思いきや、楽しくてどんどんはまっていきましたね。撮影とかも人に見られたいとか感じてしまいました。
でもさすがにプロのナレーターの方(因みに凄く美人)がタイミングの良い聞き方をしてくださったので、それだけこちらにも余裕が出来たという事なんでしょうね。撮影班は勿論素人、コラボの相手企業の社長が自らカメラを持って動いて下さいました。
ホントにお世話になりました。
途中、皆で当社近くのイタリアンレストラン「ウラヌス」でパスタ&ピザのランチを食しました。この店、パスタもピザもかなり旨いですよ!個人的な一押しは「プレーンのピザ」、「渡り蟹のリングイネ」、「スパゲッティ・ジェノベーゼ」。
とにかく何を頼んでもハズレなしだよ。
このプロジェクト成功させたいね!

今日は休日の予定だったが、仕事の関係者方々への中元配りが終っていなかったのでワイフと一緒に鶴見・川崎方面へ出て行った。(会社は川崎だが、自宅だった所を会社の事務所等に使うことになってからは子供たちの学校に近い都内のマンションに越した)。久しぶりに鶴見の「登茂吉 ともきち」という蕎麦屋(住宅地にありながら、開店の11:30前から人が並び、正午頃には満席になる)へ行き、天せいろを食した。石臼でひいた蕎麦がこしがあって旨い!海老の天ぷらも揚げたてで味も最高!一人前1,700円、チト高いが価値あり。但し、男の人は量が足りないのでせいろを一枚追加(ここではおかわりという)するか、鴨焼き1,500円を召し上がれ!  鶴見川崎あたりで蕎麦と言えば後は、川崎幸区一号線遠藤町交差点そばの「なりかわ」、川崎大師東門前の「みしまや」の鴨せいろは旨いよ。川崎日航ホテル地下の「たつかわ」のカレーうどん。
うちの近所(都内某所)の「松風」の冷やしかき揚げ蕎麦もなかなか。

初登場しました!誰も見てないかもしれませんが、まずは自己紹介。1962年3月29日生まれの43歳、O型、牡羊座、妻一人、子二人。タイトル「ローリングストーン」の話、ストーンズもボブ・ディランの唄も好きだけど(私には時代が少し古い)。実は高校生の時、吉田拓郎を好きな時期があって、ライブなんかも少し行ったりして。当時30代だった彼が出したアルバム「ローリング30」の中のタイトル曲の1フレーズ<動けない花になるな、転がる石になれ>をふと思い出し、最近やや<動けない花>にならんとしているかなと危機感を持った事が切欠です。
当時他に聴いていたのは皆洋楽で、イーグルス・ボストン・Aパーソンズプロジェクト・プリテンダーズ・フォリナー・シカゴ・ELO・キッス・クイーン・エアロスミス・ウイングス・ホール&オーツ・C、S&N・Jベック等などジャンル関係なしに聴いてましたね。他にも、少しはバイトもしたり、女の子と遊んだり、勉強はろくすっぽしてなかったのに他の事でスケジュール一杯って感じだった。ところが今はほとんど「趣味の時間」みたいなのが無い。だから趣味って言えるものが無い。時々やりたい事ってあるけど、それほど強い想いじゃない。だからこんなブログ始めたのかなぁ~...まあこれから一生懸命頑張って、面白いもの書きますよ。それでは宜しくお願いします。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。