FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2019 / 10 ≫

晋山式
台風までお祝いに駆けつけなくてもいいのに。

弊社と同町内にあるお寺に新しいご住職が誕生いたしました。(真言宗智山派)


3月にすでにその職に就かれておりましたが、今日はご本尊にご報告をしました。


「晋山式」というお祝い事です。


新田義貞公由来の名刹です。


若きご住職は、私の中学の一年後輩に、専務の一年先輩に当たります。


阿弥陀如来
立派なご報告を受けた、ご本尊の阿弥陀如来様もさぞかしご満悦でしょう!


「地域社会」と一緒に歩んでいきたいと仰っておりました、素晴らしいご法話です。


弊社も微力ながらお手伝いさせていただきます。


スポンサーサイト



昨日と今日は代表を務めるジャパウイン(介護福祉会社)の社員個人面談。

年に2回(6月と11月)行なわれる。

場所は本社会議室。

昨日は9時20分~12時、13時~15時20分、今日は11時40分~14時、本社はこの2日で終了。

つるみ事業所は来月3日、三浦のグループホームは11日と18日に分けて全社員を面談する。

昨日は15時30分~役員会、16時30分~18時30分までマネージャー会議もあり、

密度の濃い一日だったが、社員と話すのは実に楽しい!収穫大いにありです。



弊社は年末年始以外、基本的に会社兼店舗は開いております。

そのためローテーション出社となっており、常にお客様に対応可能な状況です。

但し、電話は殆どかかってきません。

そのため、休日出社は社内業務が捗ります。(営業の社員は外が多いですが)

戦略を考えたり(最近は社員主体)、情報収集したり、多くの時間を考えることに当てています。

今日も一日、社内で多くのことを考えていました。

これはこれで、私にとって貴重な時間です。


明日と明後日は連休を取って箱根に行きます、静養です。








弊社社風に、
「丁寧且つスピーディーな仕事をしよう」という一文がある。

この度、
「丁寧且つスピーディーな仕事をしよう(準備も含めて)」と修正した。

また、
「報・連・相は、必要なことを確実に伝えよう」という一文は、

「報・連・相は、必要なことを確実に且つ素早く伝えよう」と修正した。

時代は常に変化している、

私たちも、出来る事は常に素早く取り組む姿勢を持っていたい。

私たちは、既に歴史のある企業ではない。

私たちは、これから歴史を築いていく企業だ。

寺院①
今日は2年前に他界した叔父の3回忌法要のため、京急川崎駅側の宗三寺へ。
こちらの寺院は、父の菩提寺でもある。
更に、弊社自体がお世話になり、新区画墓地のご案内会を開催させていただいています。
寺院②
駅から歩いて3分、ラゾーナ川崎へは歩いても行けます。
更に川崎駅及び京急川崎駅周辺という高立地にもかかわらず、大駐車場
も完備し、お墓参りの際は、駐車したままお食事やお買い物もokです。

1区画90万円(永代使用料)~
永代+墓石セッでも、174万円~となっております。


法事の方はというと、親戚のほか、叔父のゆかりの人たちで賑やかなものとなったようです。
来月は私の父の27回忌も当寺で行ないます。

さて、いよいよ来週末から、相模原の自社霊園(ペットも可)の造成工事が始まる予定です。
7月中の開園を目指して、様々な準備も始まります。
チーム一丸となって頑張っていきましょう!!


春彼岸、いつものようにお寺の本堂にて、檀家様の受付を担当します。
不思議なもので、毎年やっていると顔と名前が一致します。
当然、弊社でお墓を立てていただいた方も大勢いらっしゃいます。
また、新規のお話や、リフォーム、メンテナンス工事等の仕事が入るときもあります。
弊社にとっては、秋彼岸やお盆と並んで大切な時期です。
17日~23日が春彼岸です。
今日はお中日なので、たくさんのお参りがありました。
お墓参りは、心が落ち着きます。
この習慣は、代々伝えていきたいと思います。
先祖がいなかったら、私たちはこの世に姓を受けていないのです。
このご先祖様との「縁」は、お墓でしか繋がらないのです。
「お墓」って、本当に素晴らしいですね!

貴方の家のお墓、そろそろ綺麗にリフォームしませんか?





異業種交流会のメンバーと立ち上げた介護の会社は、今年6年目を迎える。
先日、この会社の株主で元役員、異業種交流会のメンバーである方に、言葉では言い表せないほどの侮辱を受けた。
3年以上前になるが(当時は一役員で、まだ社長にはなっていない)、三浦にグループホームを建設し、現在も1ユニット9名の高齢者が生活されている。地元でも非常に評判を得ている当社の施設だ。
しかし、昨年くらいからこの建物の所々に修繕が必要な箇所が多く見受けられるようになった。
決して豊かではない施設の利益の中から、修繕費は非常にきついが、この施設を出来るだけ大切に、長く使っていきたい気持ちから、修繕を決定していこうと考えている。
この会社は、十数名の株主様からの出資で出来ている会社なのでいい加減な決定は出来ないため、まずは施工会社にヒアリングをすることからと思い、昨年12月に、施設を施工した会社の社長(株主で元役員)に役員会への同席を求めた。
私は建設関連は素人なので、会社の監査役で、建設会社を経営している社長に依頼して調査を行い、先の施工会社社長へ、不備であろう箇所の説明を求めた。
(監査役は、市の検査員も務めている)
現状ではここまでのことで、その先の弊社としての対応も何も決定していないのが事実だ。
しかしながら、施工会社の社長は、12月の役員会への出席を求めた時点に戻り、「それ自体が水口さんの間違った行動だ、今なら誤ちを認めて、電話か手紙で謝罪すれば許します。そうしないと、水口さんの人としての品格が落ちる....」などという文章を、当の私に何の断りも無く、この介護の会社の事務所にファクスを流したのである。当然、何も知らない社員達はそれを見て、様々な不安や不審を抱いたのである。
この事は、社内だけではなく、この異業種交流会の事務局員の耳にも入っているようで、私自身が
偶然確認した次第である。
私はこの元となった件についても、何も決定した事項も無いので(現在役員会で検討、協議中)、
このブログを書くまでは、誰にもコメントしていない。
私が今回非常に憤慨しているのは、自分の腹の中の思いだけを、乱暴に紙に殴り書きし、それをいきなり他人の会社にファクスしてくるという乱暴なやりかたに我慢ができないと感じたからだ。
私はこの件から逃げずに、全てのことをしっかりと検証し、然るべき結論は出したいと考えている。
但し、元の件については、関わっている人も多く、未だグレーな部分もあるので、少し時間がかかると見ている。(建設当時の事は、当時の社長と担当役員、そして施工会社社長しかわからないことが多い)
最近、この事以外でも、私が耳にする程度だが、過去に起こったと思われる事でも色々と騒ぎがあるようである。
人にはやっていいことと、やってはいけないこと、言っていいことと、言ってはならないことがあると改めて強く強く思った。

中国彫刻
昨夜帰国です。11月後半は殆ど日本に居なかったせいもあり、あっという間に月末を迎えました。
今回の出張主目的は二つ。
①石材検品:インド銀河の外柵&Y1の洋型、花彫刻の出来映え
②工事部長の中国工場初視察(彼は中国自体初)

中国蟹
当然、グルメも大きな楽しみ。
福建省と言えば海鮮。
今が旬の上海蟹、いただきました。

中国シャコ
そして珍しい一品。
これシャコです。
こんなに巨大なのは初めてでした。
塩茹でした熱々のシャコを、酢醤油をつけて豪快にパクリです。
柄は大きいけど味は繊細でした。

*少し無理してハードな日程を過ごしてきましたが、来週末にワイフと小旅行してきます。
 韓国グルメの旅です。(又かよって感じですけどね)

中村俊輔の「察知力」を読んだ。
最近、仕事で取引先(お客様企業)やその周辺の関係者全てに迷惑をかけた。
その責任は全て経営者の私にあり、他に理由はない。
そう、私は「察知力」を十分に持ち合わせていなかったのだ。
いや、持っていたのかもしれない力を、生かしきれていなかった。

私はとある異業種交流会で、「社員教育」という部門の「長」を努めさせてもらっている。
しかしながら、自社の社員の「教育」、自分を含めた「共育」が未達である。
これを達成せずして、「理念経営」など程遠く、社会貢献など夢物語なのだ。

今回の経験を何十倍にも生かし、ご迷惑をおかけした方々に恩返しができるよう、
結果に拘りながら経営を考えて邁進したいと感じた。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!