FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 / 12 ≫



移転先のアドレス

スポンサーサイト



ゴッホ
リビングの壁に掛けられた一枚の絵(正確にはポスター)。


引っ越す以前に購入していたもので、すでに14年くらい経過している。


夏の西日を幾度も浴びて、白じゃけてきた。


白い部分に書いてある文字も消えかかっている。


ゴッホ作「夜のカフェテラス」、今でも大好きな絵の一つだ。


先月、マドリードのプラド美術館で、エル・グレコ、ヴェラスケス、ゴヤというスペインを代表する


画家の作品を多く観て、少しばかり絵に対しての興味が生まれた。


壁に掛った一枚の絵に、寂しさみたいなものを感じたので、


近いうちに取り換えようと思った。


次はどんな絵を飾ろうか?


そんなことをふと思うのは、今日が文化の日だからか・・・。







10月の終わりにきて、台風が近づいている。


珍しいことだ。


台風が近づくと、気圧の変化で体調が思わしくない場合がある。


特に気管支が弱く、喘息などを持っている方に多いようだ。


私などもその気配が起こるときがある。


精神的に病んでいる方も、こういう時は宜しくない。


「認知症対応の介護施設」にも、そういった方々は多い。



神戸でまた残忍な事件が起きた、病んでいるのか?











今日はバルセロナからマドリードへ移動中です。

速度は東海道新幹線並に出ます。街中は地下、地上へ出たと思ったら田園風景、ヨーロッパはどこも景色が似ています。



ヨーロッパの旧市街はどこも個性的だが、スペインも独特だった。
ここバルセロナのカタロニア州も昔は国だった。
バスク地方の人達等も国を主張する。

昔から市民戦争が絶えなかった。第一次も第二次も世界大戦には参加していない。良くも悪くも一つにまとまらない。
ワールドカップで優勝したが、それまで何度も候補と言われてきた。
国民性だ。



世界の宗教家が、一同に会してバルセロナ音楽堂(普段は撮影禁止)でオープニングセレモニーが開催されました。
キプロス大統領、モンテネグロ大統領、バルセロナ市長、ルクセンブルクの伯爵夫人が来賓席を埋め、祝辞を述べました。

3時間半は少しばかりお尻が痛かった。



日本で旨いパエリアを食べているからか、
最初のパエリアは…?かな?。
その前に飲んだムール貝のスープがヒットでした。



バルセロナオリンピックスタジアム。
意外と小さく、現在は二万五千人と収容が縮小している。



ガウディとその弟子達が創り出す歴史劇場。



早くも10月です。

『こころのこよみ』今月の言葉より。

人の悪口は口より出さず、不真面目な議論は耳に留めない。

清々しい気持ちで明日から出張です。


ローリングストーン

  • Author:ローリングストーン
  • ローリングストーンへようこそ!